【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

ジェーピースタイルの評価!原材料と成分は正直イマイチですよ

日本で暮らす愛犬のために、主原料は100%国産原料にこだわった「ジェーピースタイル」。日本の犬のために、日本の会社が作ったドッグフードです。ちなみにメーカーは日清さん。大手メーカーのドッグフードは質が悪い!という傾向がありますが、この商品はどうでしょか!?


ジェーピースタイル

商品名 ジェーピースタイル 1~6歳までの成犬用
メーカー 日清ペットフード
種類 総合栄養食/ドライフード/成犬用
参考価格(税抜) 2,075円(Amazon参考価格より税抜)
内容量 1,800g
コスパ 約161円/日(1日あたり140g換算)
生産国 日本

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
(コスパは参考価格で算出。実売価格ならコスパが良くなる可能性あり)
(内容量の多いパックを購入した場合もコスパが良くなる可能性あり)

 

原材料と保証成分一覧

それでは原材料と保証成分を解説します。

まずは公表されている原材料と保証成分をご覧ください。
危険性があり望ましくないとされる原材料は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記)

なお、ビタミン・ミネラル類に関しては、賛否両論がありすぎて
私の知識では判断しようがないため評価対象外とします。

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOK。
後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください。

まずは原材料をチェック。

小麦全粒粉チキンミール、中白糠、脱脂大豆、ビーフオイル、ビートパルプホミニーフィードフィッシュオイルチキンパウダー食塩、イソオリゴ糖、魚肉抽出物、β-グルカン、脱脂米糠、クロレラ、N-アセチルグルコサミン、有胞子性乳酸菌、ミネラル類(塩化カリウム、炭酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、酢酸dl-α-トコフェロール、ビタミンA、ビタミンD、パントテン酸カルシウム、リボフラビン、シアノコバラミン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物

続いて保証成分をチェック。

成 分 保有率 基準値 比 較
粗タンパク質 24.0%以上 18.0%以上 +6.0%
粗脂質 14.0%以上 5.0%以上 +9.0%
粗繊維 5.0%以下 4.0%以下 +1.0%
粗灰分(ミネラル) 9.0%以下 8.0%以下 +1.0%
水 分 10.0%以下 10.0%以下 ±0.0%

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外の基準値はネット上などの情報より暫定的に決定。あくまで参考としてどうぞ。

総合評価:コンセプトはいいけど、商品力は微妙です

それでは総合評価を発表しましょう!

 

★★・・・ 星2つです!

 

日本に住む犬のために「安心・健康・おいしさ」を追求し
主原料は100%国産にこだわったジェーピースタイル。

ジェーピースタイルのJPはジャパンの意味でしょうか?

何はともあれ、日本の犬にために、日本の原材料にこだわり
日本の会社が作ったドッグフードとなると期待がもてます。

 

楽しみに原材料を調べてみると、、、

「うーん、全然良くなさそう」というのが本音。

ドラックストアなどでも頻繁に見かけますので
実売価格は、結構安いと思いますが
それでもこの価格で、この原材料では選択肢にはいりません。

国産と言えど、不安たっぷりなドッグフード。
コンセプトや商品名は好きなんですねー

やはり大手は残念フードの傾向が強いです。

 

国産だから大丈夫!なワケはないっ!

それでは原材料を見てきましょう!
まずは自信たっぷりに謳われている主原料。

小麦全粒粉、チキンミール、中白糠。

小麦全粒粉は普通の小麦よりも栄養価が高くて印象は良いのですが
それでもアレルギーの心配は少し高いようです。
小麦アレルギーであれば避けた方が良いかもしれません。

続いてチキンミールですが、やはりミール系がきますね。
ミールとは純粋なお肉をミンチにしたものとは異なり
血液、毛、ひづめなど好ましくないが混ぜられている可能性があります。

国産と言えど、ドッグフードに対する日本の法律がユルユルなのは有名なこと。

ドッグフードは「食品」ではなく「雑貨」ですからね。
そもそも食べ物の基準じゃないわけです。

国産の粗悪品! 国産の廃棄物! ということも充分に考えられます。

個人的には大手のチキンミールなどは、かなりヤバそうだと思っています。
大手食品メーカーであれば食品廃棄物がたくさんあるに決まっていますからね。

それを廃棄処分するくらいなら
何かに混ぜて販売したい!と考えるのが普通でしょ?
私だったら考えますよ。合法ですし。

人間が食べるミートボールですらも危ないんですから
ドッグフードのチキンミールは絶対ヤバいと思います。

 

原材料に食品のカスが目立つ!

主原料も残念ですが、その後も気になる原材料がたっぷり。

脱脂大豆、ビートパルプ、ホミニーフィードなどは
食品から栄養を取り除いたカスと言われます。

ドッグフードのカサ増しを担当しています。

もちろん、食物繊維が含まれるため悪い部分だけではありませんし
全てのワンちゃんに悪影響を与えるわけではありません。

ですが、高級ドッグフードなどには、あまり含まれない素材です。

特に脱脂大豆は「毒」とも考えられていて、愛犬家からは嫌われている原材料です。

 

それって何?曖昧な表記が多い!

フィッシュオイル、チキンパウダー、魚肉抽出物など
主原料のチキンミール同様に曖昧な表記が多いのも特徴。

魚肉抽出物って何でしょうか?私にはわかりません。

人間の食品基準であれば、そんなに変なものではないと思いますが
ドッグフードに入れる魚肉抽出物ってなんだかとても不安です。

ドッグフード選びの鉄則は「曖昧な表記は疑え」です。

 

ジェーピースタイルの評価まとめ

大手食品メーカーから販売されるドッグフードは
例のごとく低品質だと思われます。
(もちろん、実際は良い素材を使用している可能性もありますが)

個人的に、ジェーピースタイルのコンセプトは好きですが
この原材料で、この価格では魅力がありません。

とても中途半端な製品という印象。
残念ながら購入することはありませんね。

大手さんには資本を生かして
もっとまともなドッグフードを作って欲しいです。

もしあなたが検討中であれば、別の製品のほうが健康的で安全だと思います。
個人的には“なし”の製品です。

 

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す