【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

犬にミネラルウォーターはダメは嘘!?硬水・軟水どっちが良いの?

近頃、ウォーターサーバーを導入している家庭が増えている反面
犬にミネラルウォーターを与えることは良くない! とか
軟水は良いけれど、硬水は犬に悪い! など、耳にすることが増えました。

その根拠は、ミネラル豊富な水を飲むことで
カルシウムとマグネシウムが過剰摂取になり
尿結石(尿石症・膀胱結石)になってしまう
リスクがあるからだそうです。

なんだかもっともらしい意見には聞こえますが
実際には、医学的に実証された根拠はなく
風評被害に近いものであることがわかりました^^;

acde99ddf7e858c25dfb0e7185127cd3_s

 

調べてみたところ、尿結石の原因はミネラルの摂取量よりも
遺伝的な体質に依存することが多いそうです。

そして、尿結石(尿石症・膀胱結石)の予防としては
ミネラルウォーターでも、硬水でも、軟水でも、何でもいいので
水をたくさん与えて、適正回数のおしっこをさせることが大切とされています。

つまり、どれだけ水を飲んで、どれだけ排尿しているかが重要で
「どんな水を飲んでいるか?」ということは、論点にもならないようです^^;

なので、犬にミネラルウォーターを与えても、全く問題ないことになります。

 

欧米は硬水中心。でも犬の尿結石は日本より少ない。

また、硬水が犬に悪い影響を与えるならば
生活水が硬水中心である欧米のワンちゃんは
尿結石だらけになるはずです。

ですが、実際には日本の犬の方が
尿結石になる割合が高いそうです^^;

もちろん、生活習慣や生活環境が違うため
単純な比較とはいきませんが
やはり「硬水=尿結石」という図式ほど
単純ではないこともわかります。

 

なぜ日本の犬は尿結石になりやすいのか。

ところで、なぜ日本の犬は尿結石になりやすいのでしょうか。

その1番の原因が、おしっこをできる環境が、整ってないことだと言われます。

欧米の犬は、広い敷地内(室内)で
自分のタイミングで、自由におしっこをすることができます。

対して、日本ではお散歩のときだけ
おしっこをするという習慣の犬が多くいます。

排尿の回数が少なければ、石が大きくなり尿結石になってしまい
逆に、回数が多ければ、石が大きくなる前に排泄することができる
という理屈だそうです。

 

ただし、既に尿結石ならば硬水はやめた方がいい。

と、ここまで硬水と尿結石は
無関係であると主張してきましたが

既に尿結石(尿石症・膀胱結石)の症状がでている犬には
硬水を飲ませない方が良いという見解もあります。

科学的な因果関係はありませんが、飼い主の心情的にも
悪化させる可能性があることを続ける必要はありません。

既に尿結石であるなら、軟水のミネラルウォーターに
切り替えてあげた方が後悔しないと思います。(もちろん、水道水でもOKです)

 

結論、犬にミネラルウォーターを与えても問題ない。

硬水だから尿結石になるという事実はありませんので
今、硬水を与えていて問題がないようならば継続してもOKです。

でも、軟水であれば予防になるというのも間違いないようなので
今から犬にミネラルウォーター(ウォーターサーバー)を与えるなら
軟水の方が無難かもしれません。

ただし、どの水を選んだとしても
たくさん運動させて、たくさん水を飲ませて
適切な回数のおしっこをしてもらうことが何より重要です。

この点だけは、お忘れにならないようお願いします。

結論、ワンちゃんの飲み水は飼い主と同じで問題なし^^

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す