【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

消化吸収率が魅力!老犬などに良いかも?ファインペットを評価!

【ご注意ください】『FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード』がリニューアルしました。原材料および保証成分が変更しています。リニューアル後の『FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード』の評価や口コミ評判はコチラの記事をご覧ください。

 

======以下、旧製品の評価記事となります======

 

ドッグフード比較サイトなどで、ちょくちょく顔を見かけるFINEPET’Sドッグフード(ファインペット)。ランキング的に1位になることは少ないようですが、根強い評判を勝ち取っている製品のようです。ペット先進国と言えばヨーロッパ、カナダのイメージがありますが、こちらはオーストラリア推し(笑)果たして本当に良い製品なんでしょうか?本音で評価します!

tmp00067

 

商品名 FINEPET’Sドッグフード(ファインペット)
メーカー 株式会社エヴリワンズ
種類 総合栄養食/ドライフード/全年齢・全犬種用
参考価格 2,262円(単品購入時)
内容量 1,000g
コスパ 約163円/日(1日あたり72g換算)
生産国

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
単品購入時の価格で計算していますので、定期購入ならコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分をチェックしましょう!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

仔羊肉、鶏肉、オートミール
全粒大麦、全粒米、鶏脂、ポテト、鮭肉、鶏レバー、サーモンオイル、炭酸カルシウム、亜麻仁、乾燥全卵、塩化カリウム、乾燥酵母、昆布、レクチン、乾燥リンゴ、トマト、チコリ抽出物、マンナンオリゴ糖、コリン、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ニコチン酸、ビタミンC、イノシトール、Dパントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、リボフラビン、βカロテン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄分、銅、マンガン、ヨウ素酸塩カルシウム)、タウリン、グルコサミン塩酸塩、ユッカシジゲラ抽出物、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、Lカルニチン、コンドロイチン、タイム、桂皮、アニス、カモマイル、ホースラディッシュ、ジュニパー、生姜、ローズマリー抽出物

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 26.0%以上 22.0%以上
粗脂質 16.0%以上 8.0%以上
粗繊維 5.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 10.0%以下 8.0%以下
水 分 10.0%未満 10.0%以下

 

総合評価:初回限定料金が激安!価格破壊の高級ドッグフード!?

それでは総合評価の発表です。

 

★★★★・ 星4つです!

 

オーストラリア産の厳選された原材料と
厳重に監理された生産・販売体制が魅力のファインペット。

高級ドッグフードらしく全ての原材料が
ヒューマングレイドであることは、とても安心感があります。

何と言っても、消化吸収率が87%と非常に高いのが大きな特徴で
胃腸に負担がかかりにくく、お腹(胃腸)の弱い子にも安心です。

 

更に初回限定価格として、1Kgを540円で購入できるのは
高級ドッグフード界を揺るがす大事件だと思います(笑)

個人的には、いくら値段が安くても
愛犬がラムアレルギーなので試すことはできませんが
良いドッグフードを試してみたいけど価格がなぁ、、、と
感じている飼い主さんには是非おすすめしたい製品です。

この価格でお試しできる高級ドッグフードは他にありません^^

 

主原料は仔羊肉(ラム)と鶏肉(チキン)!

それでは原材料をチェックしていきましょう!

ファインペットの主成分は仔羊肉(ラム)と鶏肉(チキン)です。

いずれも成分的には”動物性たんぱく質”であり
犬にとって1番大切な栄養素となります。

高級ドッグフードなので当然ですが
動物性たんぱく質が主成分なのは、やっぱり安心感が違います。

ちなみに、一般的なドッグフードの場合は
小麦やコーンなどの穀物類が主原料になることが多いです。

穀物も同じタンパク質ですが、植物性たんぱく質ですので
ワンちゃんにとってベターとは言えません。

動物性の方が栄養が吸収されやすく、胃腸に負担をかけないからです。

 

穀物も多く使っているが、どれも精製前のこだわり派!

肉類の次に多いのが穀物類です。

一般的に犬は穀物類の消化が苦手とされているため
穀物が多く配合されるドッグフードは敬遠されがちです。

本製品の場合、確かに穀物が多いことが目に付きますが
オートミール、全粒大麦、全粒米と、いずれも精製される前の
穀物なので、アレルギーなどの心配は少ないと考えられます。

グレインフリー派には厳しい内容ですが
ドッグフードの中では、丁寧に穀物を使用している印象があります。

賛否両論わかれるところですが
これも本製品のこだわりのひとつと言えるでしょう。

 

脂質は鶏脂、サーモンオイル、亜麻仁とバランスよし。

餌の良し悪しを語るうえで重要なのが、脂質(油・脂肪)と酸化防止剤です。

廃棄する油を使用することで簡単に原価を抑えることが
できる材料でもありますので、この油を真面目に捉えている
ドッグフードは信頼度が高いと考えています。

ファインペットでは、動物性、植物性の油をバランス良く配合しています。

いずれも天然成分ですし、これは安心度が高いと言えます。

また、油を使用するうえで必ず必要となるのが酸化防止剤ですが
ここもローズマリー抽出物など天然成分が採用されています。

酸化防止剤の存在自体を否定する方もいますが
最近ではローズマリー抽出物を使用するドッグフードが多く
添加物としては安心な部類と言えます。

 

全体的にお腹に優しいドッグフードの印象あり!

ファインペットのアピールポイントは、何と言っても消化吸収率が高いこと。

消化吸収率が高いということは、消化不良を起こしにくい
ことを意味しますので、胃腸に優しいドッグフードと言い換えられます。

チコリ抽出物、マンナンオリゴ糖、プロバイオティクスなど
胃腸・便通系の成分も多いので、お腹に対する気遣いは抜群です。

また、ハーブ系が多いのも特徴的です。

 

その反面、塩化カリウム、生姜、ビタミン添加物が多い点は
気になる方は気になってしまうかもしれません。

私自身も「んっ!?」と疑問を感じました。

いずれも多量に摂取した場合が良くないので
あまり神経質に捉える必要はないのも事実ですけどね。

 

FINEPET’Sドッグフード(ファインペット)のまとめ

穀物類がちょっと多いかなーという印象は拭えませんが
消化吸収率の良さを信じるならば、この心配は無用。

原材料の生産から加工まで、厳重な体制をとっていることからも
片手間でドッグフードを作っている大企業との違いを感じます。

また、消化吸収率が非常に高いので
1食あたりの分量が少ないのも特徴です。

若い犬には、給餌量が少なく物足りないかなと感じますが
老犬や食が細いワンちゃんには良いかもしれません。

少ない量でたっぷりと栄養補給ができますからね。

 

しかし個人的には、全体として製品のパンチが弱い気もします。
全ての平均は高いが、特徴のないバランス型のイメージです。
(バランスが良いことは大切だが、購買までの魅力に欠ける印象です)

なので、今回は星4つの評価としました。

 

良いフードであることは間違いないので
高級ドッグフード初心者であれば、最初の1歩には良いかもしれません。
540円でお試しできる高級ドッグフードは他にありませんので^^

(初回限定価格が終了していたらごめんなさい。通常価格であってもコスパは悪くないです)

 

と、薦めておきながらも、最後にマイナスポイントを付け加えておきます

ネット限定販売なのに、公式サイトのデザインや利便性が悪いです。
購入者がもっと閲覧しやすいサイトに作り変えて欲しいです(笑)

せっかく勉強になる情報も掲載しているのに見にくいのが残念。
興味のある方は根気よくご覧になってください(笑)

 

⇒FINEPET’Sドッグフード公式サイトはコチラ

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

4件のコメント

  • 北川あきこ

    いつもフード選びの参考にさせてもらっています。とても分かりやすく楽しく読んでいます!今、気になっているドッグフードがあります‥『プリンシプル』知名度はあまりない?市販も少ないので主にネット購入のようですが、
    ドッグスクールや警察犬訓練所、ブリーダーが使っているのが多いそうです。ランクはプレミアムフードでもないようですが、そんな悪いフードでもなさそうなんですが^^;グレインフリーの種類もあるので。
    あまり情報がないので知りたいです^_^

    • 団長

      コメントありがとうございます。
      そして返信が大変遅くなり失礼しました。
      (コメント機能が不具合を起こしており気づけませんでした)
      『プリンシプル』は全く知りませんでした。公式サイトを覗き
      グレインフリーの製品を見たところ、パッと見た感じですが
      確かに悪い製品ではない気がしますね。市販の製品よりは断然良さそうです。
      リクエスト品が溜まっていますので、すぐに調査して記事にすることはできませんが
      面白そうなHPなのでいずれチェックしてみたいと思います。すみませんが気長にお待ちください。

  • トモヤ

    このたび犬を飼うことになり、フード選びの参考にさせていただいています!
    ファインペッツの購入を検討しているんですが、今年8月に「新処方」に変更になったそうなのですが、成分を見ても素人目ではまったくわからず新処方ではどうなのか調査いただきたくてコメント残しました。他のフードの調査がお忙しいかと思いますので気長にお待ちしています!

    • 団長

      コメントありがとうございます。

      ブログを長らく放置しておりました。ファインペッツの新処方を評
      価しましたので参考にして頂ければ幸いです(本記事の導入部分に
      リンクを設置しております)。遅くなってすみません。

コメントを残す