【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

SOLVIDA(ソルビダ)を本音で評価!オーガニック無双ですが、、、

オーガニック系のドッグフードとして、ドッグフードマニア層に認知されるSOLVIDA(ソルビダ)。アメリカ原産のフードで、評判・口コミはまずまず。あまり知名度はありませんが、安全・安心という観点で選択されるユーザーが多いようです。オーガニックという言葉のブランド力に負けず、原材料や成分から評価したいと思います!

tmp00076

商品名 ソルビダ(SOLVIDA) 室内飼育成犬用
メーカー 株式会社ライトハウス
種類 総合栄養食/ドライフード
参考価格 1,760円(メーカー希望小売価格)
内容量 900g
コスパ 約228円/日(1日あたり117g換算)
生産国 アメリカ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
参考価格で計算していますので、実売価格ならコスパはもっと良くなります。
内容量の多いパックを購入されてもコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分を一覧で!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

オーガニックチキン、チキンミール、オーガニックオーツ、オーガニック大麦、オーガニック玄米、天然フレーバー、オーガニックフラックスシード、鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)、炭酸カルシウム、オーガニックひまわり油、塩化カリウム、ビール酵母、トマト繊維、、チキン軟骨(グルコサミン、コンドロイチン源)、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、セレン)、塩化コリン、オーガニックえんどう豆、オーガニックにんじん、オーガニックブロッコリー、ブルーベリー、オーガニックアルファルファ、オーガニックひまわりの種、オーガニックかぼちゃの種、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、ビタミン(ビタミンA酢酸塩、ビタミンD3補助食品、ビタミンE補助食品、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB1硝酸塩、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンB12補助食品)、チコリー抽出物、タウリン、増粘安定剤(レシチン)、セージ、酸化防止剤(アスコルビン酸(ビタミンC)、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、ニンニク、ユッカシジゲラ抽出物、ヨウ素酸カルシウム

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 22.0%以上 22.0%以上
粗脂質 12.0%以上 8.0%以上
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.5%以下 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下

 

総合評価:オーガニック全開!でも価格が高いし落とし穴あり!

それでは最初に総合評価を!

 

★★★・・ 星3つです!

 

兎にも角にもオーガニック推しのアメリカ原産フードSOLVIDA(ソルビダ)。

アメリカ農務省が認定する専門機関の調査を受けて
正式にオーガニックであることを認定されている
正真正銘のオーガニック原材料を使用しています。

(厳しい条件をクリアしないとオーガニック認定されません)

 

公式サイトを見ても、オーガニックにこだわりがあるのが一目瞭然。
国内大手のドッグフードのような”やっつけ感”はありません。

肉、穀物、野菜、ハーブをバランスよく使用した製品になっていて
一見、かなり魅力的にも見えるのですが、よくよく原材料を見てみると
「う~ん」と思う面もあります。

 

また、値段が高いのが気になりますね^^;

決して悪い製品ではありませんし、公式サイトを見ても
製品への愛情やこだわりを感じます。

しかし、この価格であれば
別の製品を試してみたいと思ってしまいます。

悪くはない!でも、オーガニックという言葉に
それほど魅力を感じない私にとっては少し印象が薄いかなー。

 

主原料はオーガニックチキンとチキンミール!はい、ココで注意!!

原材料の1位、2位はオーガニックチキンとチキンミールです。

オーガニックチキンと自信満々で表示されているのがいいですね^^
他のドッグフードではあまり見ない表記なので目を惹きます。

ただし、次が注意点!

公式サイトにも明記してありますが
チキンミールはオーガニックではありません^^;

 

もちろんミール系とは言え、内臓や血液、トサカ、爪などの
副産物は使用していませんので、激安フードのような心配はありませんが
オーガニック推しの製品の癖に、原材料第2位がオーガニックじゃないことは残念です。

原材料は使用量が多いものから順番に記載されますので
オーガニックじゃない原材料が結構含まれていることになりますね、、、

 

穀物、野菜類は全てオーガニック!

いきなり出鼻をくじかれましたが、この後に続く
穀物類や野菜類は全てオーガニックです。

まさにオーガニック無双(笑) 実に気持ちが良いです^^

オーガニック信者にはパンチ力のあるラインナップですが
冷静に見ると、わりと穀物多いなーという印象でもあります。

原材料からだけでは、素材の配分はわかりませんが
保証成分の粗たんぱく質が22%であることを考えると
やはり穀物が占める範囲が多いのかもしれません。

もしや、オーガニックチキンの割合は意外と少ない!?とか思っちゃいます。

 

ちょっと気になる成分あれこれ!

もうちょっとタンパク質が多ければ嬉しいですが
素材的には優良ドッグフードであることは間違いないでしょう。

しかし、いくつか気になる原材料もあります。
まずは、天然フレーバー、炭酸カルシウム、塩化カリウムの3つ。

どれも賛否両論のある成分であり、良し悪しを判断するのは難しいのですが
それを抜きにしても、表示順位が高い印象を受けます。

これらは、少々使用されているイメージが強いのですが
ソルビダでは、しっかりと使用されている感じがします。

 

また、ニンニクが使用されているのも気になりますね。

ニンニクと言えば、玉ねぎ・チョコレートと同じレベルで
犬に食べさせてはいけない食べ物として有名なはず^^;

もちろん、どんな原材料でも微量であれば全く問題ないと
個人的には思っていますが、実際に入っているとちょっと気になりますね。

 

SOLVIDA(ソルビダ)室内飼育成犬用の評価まとめ

これほどまでにオーガニックを推している製品は
いまのところ見たことがありません。

オーガニックという言葉は巷に溢れていますが
実際に認定されるには、相当なこだわりと信念がないと無理ですからね。

オーガニックな部分は間違いなく良い原材料だと思います。

 

ただ、この価格であれば、もっと別の選択肢がでてくるのも本音。

本当に値段が高いです。大容量パックを購入しても、まだ高い^^;

しかも、価格のわりに「粗たんぱく質」が
一般フードと変わらない22.0%なのも気になります。

原材料的には良いですが、コストを含めたトータルで考えると
私にはあまり響かない製品かな^^;

オーガニック派であれば、是非ご検討ください。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す