【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

低脂肪が魅力のファーストチョイス!おデブ犬(肥満犬)向けは本当?

運動量が少なく、ややおデブ気味のワンちゃんに人気のある低脂肪系ドッグフード「ファーストチョイス 成犬用」。犬にとって脂質は大切な栄養素なので、個人的には低脂肪系のドッグフードは好みませんが、よく見かける製品でもあるので実態を調査してみたいと思います!

tmp00071

商品名 ファーストチョイス 成犬用 小粒
メーカー ニッケペットケア株式会社
種類 総合栄養食/ドライフード/成犬用
参考価格 1,234円(Amazon参考価格)
内容量 900g
コスパ 約150円/日(1日あたり110g換算)
原産国 カナダ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
参考価格で計算していますので、実売価格ならコスパはもっと良くなります。
内容量の多いパックを購入されてもコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分を一覧で!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

コーン、鶏肉、米、コーングルテンミール、鶏脂(酸化防止剤としてミックストコフェロールを使用)、ビートパルプチキンエキス、レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト、酵母、全粒亜麻仁、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(フラクトオリゴ糖源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(C、E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、A、D3、チアミン、ビオチン、リボフラビン、ピリドキシン塩酸塩、B12、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(第一リン酸カルシウム、食塩塩化カリウム、炭酸カルシウム、硫酸鉄、酸化亜鉛、酸化マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト)

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 25.0%以上 22.0%以上
粗脂質 10.0%以上 8.0%以上
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.0%以下 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下

 

総合評価:穀物にもっとこだわりが欲しかった!値段のわりに、、、

総合評価を発表しましょう!

 

★★・・・ 星2つです!

 

低脂肪とこだわりの鶏肉がアピールポイントの「ファーストチョイス」。

運動量が少なくなりがちな愛犬のために
低脂肪を選択する飼い主さんが多いようです。

たしかに肥満気味のワンちゃんはよく見かけるので
良質な原材料を使用して、且つ低脂肪であれば
日本で飼われる犬のライフスタイルにマッチするかもしれません。

しかしそんな都合の良いドッグフードは本当にあるのかな?
と思い、原材料をチェックさせて頂きましたが、、、

 

やっぱり、理想的な原材料とは言えませんでした^^;

鶏肉にこだわるのは嬉しいけど
結局はコーンが主原料なので、残念としか言いようがありません。

決して安いと言えるフードでもありませんので
もうちょっとだけ穀物にこだわりを持って欲しかったかな。

 

こだわりの鶏肉を使用しているもメインは穀物!

主原料となるのがコーン、鶏肉、米。

公式HPの紹介では、鶏肉にはこだわりがあり
副産物(鶏の頭部、足、腸)は使用していませんと明記してあります。

良い肉を使用していることは、とても重要なポイント。

しかしながら、コーン、米、そしてコーングルテンミールと
並ぶところを見ると穀物メインの製品だと判断せざるを得ません。
(コーン≒コーングルテンミールであり、いずれもトウモロコシです)

低脂肪にするために、敢えて穀物メインにしている可能性もありますが
その穀物がどれほどのクオリティであるかは不明。

肉をこだわっても、それよりも分量が多い穀物がダメでは
良質なドッグフードとは言えません。

肉だけでなく、穀物もこだわって欲しいのが本音です。

 

脂質は低脂肪系らしくシンプルで上質かも^^

低脂肪訴求をするだけあり
脂質(油)にもこだわりがあるようです。

使用しているのは鶏脂と魚油。

魚油がどのようなものかはわかりませんが
鶏脂はこだわりの鶏肉から得たものでしょう。

この価格帯の製品で動物性油脂を使用していないことは
安全・安心ポイントと言えます。

 

ビタミン・ミネラルの添加物が多いかな?

通常、チキンエキスはヤバい可能性のある素材ですが
鶏肉にこだわっているなら大丈夫でしょう。

そう考えると、全体的に「これはヤバい!」
と言いたくなる原材料は少ないです。

ただし、ビタミン・ミネラルの添加物が多いような気もします。

保証成分を見る限り、平均的なパーセンテージなので
問題はまったくありませんが、それでもミネラルは少し多い気がしますね。

食塩が入っているのに、更にミネラル添加してますから^^;

これも低脂肪にするための犠牲なのかもしれませんけど。。。

 

ファーストチョイス成犬用の評価まとめ

危険な香りのする原材料が少なく、信頼できそうな製品であるだけに
主原料がコーンであることが残念でなりません。

低脂肪をキープするために、意図的に肉類を減らしていると思いますが
それであれば穀物にも、もっとこだわりを持って欲しいです。

低脂肪と言えど、極端に低脂肪過ぎることなく
成分的なバランスも良い製品ですが、あとひと押し欲しいです。

これでは例えうちのワンコが肥満気味になってきても
ファーストチョイスは選ばないかな。

低脂肪でもっと良い製品もありそうですし^^;

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

2件のコメント

  • よしの

    はじめまして。お初でお尋ねしてすみません。ファーストチョイスで「体重5kg以下小型犬用」というオレンジのパッケージのフードがあるんですが、これは第一原料が鶏肉なんです。これだったら市販の中では良いフードになりますか?

    • 団長

      コメントありがとうございます。
      返信が大変遅くなり失礼しました(コメント機能が不具合を起こしており気づけませんでした)。
      第一原材料が鶏肉であれば市販の製品としてはマシな方ですね。
      お肉がメインというだけで、市販の中では優秀なドッグフードと言えます。
      ただし、大豆、米、コーンと続きますので、やはり高級なラインから見ると
      見劣りはしますので、予算が合えばもう少しうえの製品でもいいかもしれません。

コメントを残す