【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

プロマネージ・Mダックス用に危険な原材料?評判無視で辛口評価!

ペット栄養学の賢威である「ウォルサムR研究所」との共同研究により開発されたプロマネージシリーズ。今回は初めてミニチュアダックスフンド用の製品を調査してみたいと思います。購入者の口コミ・評判も悪くないようですし、世界的な賢威のドッグフードなので期待大です!

tmp00072

商品名 プロマネージ PROMANAGE
メーカー・代理店 マースジャパン
種類 総合栄養食/ドライフード/成犬用/ミニチュアダックスフンド専用
参考価格 1,111円(Amazon参考価格)
内容量 900g
コスパ 約123円/日(1日あたり100g換算)
原産国 オーストラリア

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
参考価格で計算していますので、実売価格ならコスパはもっと良くなります。
内容量の多いパックを購入されてもコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分を確認しましょう!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

穀類(とうもろこし、さとうもろこし、米)、肉類(チキン、家禽類)、チキンエキス、油脂類(鶏脂、サンフラワーオイル)、コーングルテン、食物繊維(シュガービートパルプ、フラクトオリゴ糖)、マリーゴールド、トマトパウダー、CLA(共役リノール酸)、緑イ貝粉末、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 24.0%以上 22.0%以上
粗脂質 14.0%以上 8.0%以上
粗繊維 5.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 10.5%以下 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下

 

総合評価:酸化防止剤に大問題!これでは購入できません。

総合評価を発表しましょう!

 

★・・・・ 星1つです!

 

ペット栄養学の世界的賢威「ウォルサムR研究所」で生み出された
4つの特許技術を詰め込んだプロマネージシリーズ。

膨大な研究のすえに開発された技術を、お手頃価格で提供してくれます。

プロマネージという名前、そしてペット栄養学の世界的賢威と
かなり泊のある製品なので、期待して原材料を調査しましたが

「プロマネージよ、、、お前もか、、、」

やっぱり穀物主体のドッグフードでした。

 

今までに約20種類ほどのドッグフードを調査してきましたが
この価格帯では、肉類主体は難しいかもしれませんね^^;

肉類、脂質も良いし、ミニチュアダックスフンド用なので
細やかな関節ケア・被毛ケア成分も入っているのに残念です。

また、酸化防止剤に大きな問題もありますので
残念ながらプロマネージは選択外です。(詳しくは下記へ)

 

主原料は穀物!ペット栄養学では肉が大切じゃないのか!?

期待度高めで原材料をチェックしましたが
いきなり出鼻をくじかれました。

犬にとって1番大切なのは「肉類」という認識ですが
やっぱり穀物がメインになっています、、、

しかも例に漏れずコーンが主原料。
他にも、さとうもろこし、米が並んでいますが
途中でコーングルテンが入っていますので
実質コーンの占める割合は高そうです。

ペット栄養学の賢威とアピールするなら
やっぱり肉を1番にして欲しいです。

小麦と大豆が入っていないだけマシですが
理想的なドッグフードとは言えませんね。

 

肉類と脂質は高評価!危険性は少ない模様!

穀物に続いて、肉類と脂質が並びます。

穀物は残念でしたが、肉類と脂質は高評価です。

チキン、家禽類、鶏脂、サンフラワーオイルと
しっかりと何の肉なのか、何の油なのかを明記しています。

ワンちゃんの消化吸収や体調、皮膚、被毛に直結するとされる
部分なので、ここで安心できるのは評価できるポイントです^^

 

脂質・肉類はいいけど、酸化防止剤が、、、

安全な脂質と肉類を使用しているのは嬉しいですが
ここで残念なお知らせがあります。

酸化防止剤が最悪です。

「油を使用する=酸化防止剤(保存料)の添加が必要」は
どのドッグフードでも同じですが、BHA、BHTの使用は頂けません、、、orz

この2つは、悪い合成添加物(人工添加物)の代表とされる素材であり
現在の日本では、どんな激安ドッグフードでも使用しないのが当たり前です。

(日本は使用禁止にしたいが、世界の圧力により禁止にできない添加物と言われます)

当然、生体に影響を出さない程度の微量しか配合されていないと思いますが
健康的で危険性の少ないドッグフードを探している私からすると
絶対に買いたくない製品の典型と言えます。

 

プロマネージ(PROMANAGE)ミニチュアダックスフンド専用のまとめ

主原料は穀物ですが、肉類と脂質の品質は良く
さらにミニチュアダックスフンド専用らしく
グルコサミン・コンドロイチンなど
関節に優しい成分が豊富に配合されています。

価格も高くないので、一見悪くない製品にも見えますが
全てが酸化防止剤であるBHA、BHTで台無しです。

人工添加物をあまりにも嫌う姿勢や
オーガニック・無添加万歳の姿勢は好みませんが
危険かもしれない添加物を、わざわざ配合されると正直困ります。

もちろん、実害があるかないかは別ですし
数年後に「やっぱり無害でした(テヘっ)」みたいな展開も
あるかもしれませんが、今は手を出す気にはなりません。
(事実、BHA、BHTは我々ヒトも日常的に食べています)

決して口コミ・評判が悪いわけではありません。
酸化防止剤以外の原材料も悪くありません。

しかし、安全面で考えれば「なし」です^^;

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す