【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

穀物不使用!ドッグフード界の最強!オリジンアダルトを本音で評価!

愛犬家の間ではとても有名なドッグフード「オリジン」。穀物不使用(グレインフリー)+こだわりの原材料で強い人気を誇っています。リピーターも非常に多く、この製品じゃなきゃダメ!という愛用者も多数存在。本当に素晴らしい製品なのか調査します。

tmp00173

商品名 オリジン アダルト
メーカー・輸入元 有限会社 アカナファミリージャパン
種類 総合栄養食/ドライフード/成犬用
参考価格 1,134円
内容量 340g
コスパ 約240円/日(1日あたり72g換算)
原産国 カナダ・アメリカ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
内容量の多いパックを購入した場合はコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分をチェックしましょう!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 38.0%以上 22.0%以上
粗脂質 18.0%以上 8.0%以上
粗繊維 5.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下

 

総合評価:原材料はパーフェクト!あとは財布と相談を!

それでは総合評価を発表します!

 

★★★★・ 星4つです!

 

穀物不使用(グレインフリー)でタンパク質保有量が38.0%。
他の製品では類を見ない「高タンパク」を実現。
理想を追い求めた最強のドッグフードと言えます。
(タンパク質が多い製品を強い、少ない製品を弱い・軽いと表現したりします)

アメリカやカナダの専門機関からも高い評価をうけており
北米原産ドッグフードの中では、間違いなく上位に位置する製品。
(オリジンがNo1という声もあるくらい)

安全・安心であり、更に栄養価も非常に高いドッグフードです。

その反面、当然ですが価格が高いのがネック。

安売りしているネットショップも見つけましたが並行輸入品。
並行輸入品と日本正規品では、成分が異なりますがので注意してください。

製品の内容的には間違いなく星5ツですが
価格を考えて、今回は星4ツの評価としました。

 

主原料である肉類、魚類はまさにパーフェクト!

オリジンは生物学的に適正なペットフードとして
最高級ランクの肉80%、フルーツと野菜20%、穀類0%という
原材料比率で作らています。これにより犬本来の自然な食事を再現。

当然、危険な合成添加物は一切含まれていません。

穀物不使用(グレインフリー)であり
安全面と栄養面を兼ね揃えた優良製品です。

 

こだわりの肉類は鶏肉、七面鳥肉
ニシン、ウォールアイ、サーモンと様々。

すべて人間用食材であることはカナダ政府が認定済み

しかも、飼育環境から徹底的にこだわっており
抗酸化剤やホルモン強化された餌は一切与えられていません。

キャリーオーバーの危険性はゼロ。
これが良質な高タンパクの作り出します。

もしかすると、私たちが普段食べている肉よりも
安心できる素材かもしれません^^;

 

脂質の種類の少なさが大きな魅力!

オリジンの大きな特徴として挙げられるのが
油(脂質)の原材料が少ないこと。

それなのに保有量は18.0%と充分にあります。

良質な鶏肉や七面鳥肉を使用しているのはもちろんですが
魚を丸ごと使用することで油の添加を最小限にできていると考えます。

油(脂質)は大切な栄養素である反面
低品質だと消化不良の原因にもなります。

自然な形で充分な脂質を得られることは
とても理想的だと思います。素晴らしい!

 

豊富な野菜、果物、ハーブ類で消化器官をサポート!

ドッグフードを粒状にするに必要なのが”つなぎ”。
素材と素材をくっつける練り物のイメージです。

普通は穀物を”つなぎ”として使用しますが
オリジンでは野菜、果物を”つなぎ”にしています。

穀物よりもアレルギーの心配が少なく
ビタミン・ミネラルを自然な形で吸収できるので
ワンちゃんにも優しい作り方と言えます。

また、ハーブ類も豊富に含まれており
消化吸収の助けるなど、整腸作用が期待できます。

かなり吸収率の高いドッグフードであることがわかります。

 

第3者の専門機関からも高い評価!

アメリカの人気ワンちゃん雑誌「The Whole Dog Journal(略称WDJ)」で
毎回高評価を得ているオリジン。(超辛口コメントで有名な雑誌)

高評価常連組としては「アボ・ダーム」や「アーテミス」もありますが
両者よりも原材料的には良いフードだと思います。

さらにはカナダの研究機関からは
「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続で受賞!

この記録はオリジンのみが持つ大記録です。

私を含むブロガーの主観だけでなく
ちゃんとした専門機関で厳密に調査され評価されている製品です。

品質が良いのは折り紙つきです^^

 

オリジン アダルトの評価まとめ

原材料に保証成分、そして評判・受賞歴は間違いなく超一流!
品質、栄養面だけを求めるなら大正義と言える製品。

5ツ星にしているカナガン(同じく穀物不使用)と比べても
全くひけをとりません。むしろ、オリジンの方が肉の種類
野菜・果物・ハーブの種類が豊富なので嗜好性が強いかもしれません!

あとは価格面の問題だけ。

5ツ星にしている製品と比較すると
カナガンが約151円/日、NDFナチュラルドッグフードが約216円/日
そしてオリジンが約240円/日となります。

さらに、カナガン、NDFナチュラルドッグフードの場合は
定期購入割引や送料無料のお得なプランがありますが
オリジンには一切割引プランがありません、、、
(しかも送料が高い! 私の住まいでは送料が864円!)

経済的に問題がないなら大プッシュですが
私にとっては経済的な問題も重要なので星4ツです^^;

 

なお、購入される場合は公式サイトからのお求めをおすすめします。

楽天やAmazonでも安く販売されていますが
並行輸入品である可能性が非常に高いです。
(日本正規品を扱っているのはアカナファミリージャパン1社のみ)

並行輸入品と日本正規品では、成分も保存方法も輸送方法も全然違います!

合成添加物を含んでいないということは
言い換えれば「腐りやすく不安定」ということ。

いい加減な保存や輸送方法では製品がダメになります。
特に油は劣化が早く、せっかくの栄養源が消化不良の原因になります。
これではオリジンを購入するメリットが激減です、、、

オリジンを購入するなら、厳格な保存・輸送をしている
公式サイトから購入するのが1番後悔しないと思います。
間違っても激安販売しているショップでは買わないことが吉です。

また公式サイトには、原材料1つ1つの説明もありますので
購入前にじっくりと読むのも良いでしょう。

ただし、きっと欲しくなっちゃうので要注意ですw
 
⇒世界50か国以上で愛されている!【オリジン】公式サイトはコチラ

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

1件のコメント

  • 矢野

    教えてください。
    粗脂質が高いと肥満になりやすいのでしょうか?
    私の見解では、タンパク質と脂質は体を作るものだから、高いにこしたことはないと思っており、炭水化物などの糖質が肥満につながるものだと解釈しております。
    しかし、粗脂質についてはやはり過剰な摂取、例えば30%を超えるようなものは肥満の原因になると思っています。(そんなフードご存知ですか?)
    いかがでしょうか?

コメントを残す