【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

スタイルズを本音で評価!口コミ評判は良いが原材料は最低ランク!

小型犬に特化したブランド「スタイルズ」。知らない製品でしたがAmazonでの口コミ評判がとても高い! 犬種別でフードが用意されているのでミニチュアダックスフンド用で調査してみました。口コミ評判通りの優良製品なのでしょうか?


tmp00175

商品名 スタイルズ ミニチュアダックスフンド用
メーカー 株式会社マルカン
種類 総合栄養食/セミモイスト/成犬用/小型犬用
参考価格 1,080円(Amazon参考価格)
内容量 600g
コスパ 約369円/日(1日あたり205g換算)
原産国 日本

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
参考価格で計算していますので、実売価格ならコスパはもっと良くなります。
内容量の多いパックを購入されてもコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分をチェック!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

肉類(チキン)、糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類、果実類(リンゴ粉末等)、イソマルトオリゴ糖、デキストリン、グルコサミン(カニ由来)、緑茶粉末、種実類(ごま等)、ミルクカルシウム、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸鉄、炭酸亜鉛、硫酸銅、炭酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(メチオニン)、増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウムミックストコフェロールローズマリー抽出物

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 12.5%以上 22.0%以上 ×
粗脂質 3.3%以上 8.0%以上 ×
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 11.2%以下 8.0%以下 ×
水 分 35.0%以下

 

総合評価:全てにおいて魅力なし!高くて質の悪い製品!

それでは総合評価の発表です。

 

★・・・・ 星1つです!

 

小型犬向けに特化したドッグフードブランド「スタイルズ」。

Mダックス、チワワ、トイプードル、ヨーキーと
犬種別にそれぞれ専用の製品がラインナップされています。

食べやすさを重視したソフトタイプ(半生)を採用し
目論見通り、食い付きが良い! と非常に口コミ評判が高い製品です。

しかし、原材料を見てみるとやはり合成添加物が多い!

さらに保証成分のバランスが悪い! コスパが悪い!
主原料に魅力がない! など散々な状態です。

これは、、、全てにおいてナシです^^;

以下より、原材料を詳しくチェックしていきます!

 

主原料に魅力がなさすぎる、、、

主原料は「肉類(チキン等)、糖類、豆類」。

チキン等の“等”は非常に危険な表示の仕方。
肉以外にも、羽、爪、トサカ、骨、血液など
副産物と言われる劣悪な原材料を混ぜている可能性が大です。

実際に良い素材を使用しているフードは“等”とは絶対に付けません。
“等”が如何に危険であるかわかっているからです。

スタイルズがどのような肉を使用ているかわかりませんが
我々の知っている鶏肉ではないことは間違いないでしょう。

 

続く、糖類ですが、、、糖類とは砂糖などを指します。
糖質をわざわざ添加するフードを初めてみました。

半生の食感と、この糖質が食い付きの秘訣と考えますが
当然、犬の体に良いことはありません。

肥満やアレルギー、糖尿病を引き起こす原因になりかねません。
個人的には非常に危険だと考えます。

肉と同等の糖類が入っているなんて、、、怖いです。

 

消化不良の原因になりそうな素材がいっぱい、、、

更に、でん粉類、穀類、油脂類が続きますが
いずれも犬が消化しづらく消化不良の原因になりうる原材料。

しかも、どれも明確な原材料表示がありません
穀物って具体的に何? 油脂類って何の油? 全くわかりません。

先ほどの“等”と一緒です。

もう一度言いますが
ドッグフードにある曖昧な表記は非常に危険です。

なぜなら、ドッグフードは雑貨であり食品ではありません。
もっと言えば、法律上、犬は家畜以下の存在です。

例え人間が食べられないような産業廃棄物で
ドッグフードを作っても全く問題ないのです。

国産だろうと、大手メーカーだろうと関係ありません。
曖昧な表記には何が入っているかわかりません。

 

強力な合成添加物も含まれている!

半生タイプのドッグフードは、食感の良さと引き換えに
ドライフードよりも多くの添加物が必要になります。

水分が多く腐りやすいためです。

その腐敗を防ぐためには
より強力な保存料や酸化防止剤が必要です。

天然成分では限界があるので
人工の合成添加物が必須となります。

これにより食中毒を防ぐことはできるが
やっぱり心配ごとも増えてしまいます。

合成添加物を摂取したからといって
必ず悪い影響がでることはありませんが
愛犬のためにドッグフードを選ぶのですから
避けるべきポイントだと思います。

 

スタイルズ ミニチュアダックスフンド用の評価まとめ

食い付きが良い! と口コミ・評判で話題ですが
食い付きなんて良質な素材を使用しなくても
添加物でコントロールできてしまうことがわかる典型的な例です。

原材料も、保証成分も、コスパも全て悪い。
褒めるべき点がない製品だと感じました。

ちなみに犬種別に4タイプありますが、いずれも原材料はほぼ同じ。
違いは微々たるものです。すべて良くありません。

愛用中の方には悪いですが、この製品はナシです。

もっと安くて良い製品はたくさんありますので
是非、別の製品のご検討お願いします。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す