【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

【注意】安全なドッグフードはどれ?勘違いしやすい4つの広告表示!

安全なドッグフードを探していると
まず注目してしまうのが商品のキャッチコピーや広告表示です。

無添加!とか、オーガニック!とか表示されていると
安全なドッグフードな気がしますよね。

しかし、本当にそうなのでしょうか!?

実は違います。

この記事では要注意な広告表示を4つ紹介します。
広告・キャッチコピーに騙されず本当に安全なドッグフードを選びましょう。

dog-183288_640

【その1】「無添加」表示の罠を見極める!

「無添加」と表示されているドッグフードはたくさんあります。

しかし、私達がイメージしている無添加を
実現している製品は極わずかしかありません。

代表的なダメな無添加表示がコレ↓

「香料・着色料無添加」

この表示は「香料と着色料を使用していません」という意味であり
裏を返すと「香料と着色料以外の部分では合成添加物を使用しています」
という意味なります。

つまり「合成添加物を使ってんじゃん、、、」ってことです。

「無添加」と表示されていても
本当に人工添加物を使用していないか
原材料をちゃんと確認するようにしましょう。

⇒無添加に関する詳しい記事はコチラ。

 

【その2】「オーガニック」表示の罠を見極める!

「オーガニック」と聞くとすごく良いイメージがありませんか?

実際に「オーガニック」と正式に製品表示するためには
専門機関の検査・認証をパスする必要があり
相当な企業努力が必要になります。

つまり「オーガニック」表示があれば、かなり信頼度は高いと言えます。

しかし「オーガニック=無添加」ではありません。

オーガニックの材料を使用していても
それ以外の部分で粗悪な材料を使用している可能性があります。

実際に「オーガニック!」と広告表示していても
「一部の材料がオーガニック」というのが大半です。

一部がオーガニックであっても大したメリットはありません。
オーガニックだからと言って、すぐに飛びつくのは禁物です。

 

【その3】「獣医推奨」表示の罠を見極める!

獣医推奨! 獣医と共同開発! というコピーを至るところで見かけます。
専門医が推奨しているなら安心だ! と魅力的に感じますよね。

しかし、ネットの情報を調べる限りだと
獣医の勉強カリキュラムにドッグフードの項目はないそうです、、、

つまり、獣医さんはドッグフードのことを知らないわけです。

もちろん、医学的なベースがあるので
独自で勉強する獣医もたくさんいますが
知らなくても獣医になれるのが現状のようです。

あまり過信はしない方が良いと言えるでしょう。

それに獣医に行くと高確率でロイヤルカナンが販売されていますが
良い製品だからではなく、業界での癒着から販売されているそうです。

ロイヤルカナンの営業マンがやり手なだけです(笑)

ちなみに私の評価ではロイヤルカナンは最低ランクの1つ星です。

 

【その4】「国産」表示の罠を見極める!

近年、食品偽造の問題が途切れることなくニュースになりますが
ドッグフード業界でも疑惑の「国産」表示があります。

大手、国産、この2つのキーワードは
一般消費者にとって大きな安心材料ですが
こちらも正しく理解しなければいけません。

「国産」は日本で作られたことを示す表示。
つまり、中国原産の材料を輸入して日本で加工しても「国産」になるのです。

これはあなたの望む「国産」ですか?
きっと違いますよね。

日本で作られた原材料を、日本で加工した製品が希望なら
「国産」ではなく「純国産」を選ばないといけません。

残念ながら市販レベルで純国産はあり得ないと思いますが。
(ネット販売はありそうなので、今度調査してみようと思います)

 

まとめ

「無添加」…人工添加物が含まれている無添加製品が多い。

「オーガニック」…原材料すべてがオーガニックではないことが多い。

「獣医推奨」…獣医になるためにドッグフードの知識は必要ない。

「国産」…中国の材料を輸入して日本で加工しても国産と表示できる。

広告の表示に嘘はありませんが
勘違いしてしまう表示はたくさんあります。

デザインやキャッチコピー、広告、CMに頼らず
原材料をしっかりと確認してからドッグフードを選びましょう!

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す