【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

無添加ピュアワンを評価!コスパが悪くて本当に評判とは思えません。

ペット後進国と言われる日本でも無添加にこだわったドッグフードがたくさんあります。国産で無添加の優良製品があれば1番安心できますよね。そんな期待を込めて今回は「ドッグフード無添加ピュアワン」を調査。さて、日本のこだわりドッグフードの実力は如何に!?


tmp00225

商品名 無添加ピュアワン(Pure1)
メーカー ドッグフード無添加ピュアワン by 愛犬を食で守る研究所
種類 ドライフード
参考価格 2,447円
内容量 500g
コスパ 約607円/日(1日あたり124g換算)
原産国 日本

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
単品価格で計算していますので、まとめ買いならコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分をチェック!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック!

鶏肉、大麦全粒粉、鰹節鰯煮干混合粉砕粉、玄米、サツマイモ、ジャガイモ、鶏レバー、ひまわり油、鶏がら、ゴマ、キャノーラ油、脱脂大豆、オートミール、ビール酵母、ホエイ蛋白、はと麦、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、牛骨カルシウム、海藻粉末、フラクトオリゴ糖、ドライイースト、リジン、メチオニン

続いて保証成分!

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 27.0%以上 22.0%以上
粗脂質 12.0%以上 8.0%以上
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.0%以下
水 分 8.0%以下 10.0%以下

 

総合評価:原材料は良いが価格が高すぎる!その他にも色々疑問あり!

総合評価を発表します。

 

★★★・・ 星3つです。

 

「国産 無添加 ドッグフード」でGoogle検索すると
1番に表示されるのが「ドッグフード無添加ピュアワン」。

「保存料を使用していません」と明記してある通り
本当に保存料や防腐剤・抗酸化剤を使用していないようです。

これは衝撃です。

最低限の保存料を使用しなければ、簡単に腐りますので
どんなに良いドッグフードでも必ず含まれていると思っていました。

コレが職人魂あふれる日本のクオリティか! と関心です。

 

しかし、、、

価格がとにかく高いのがネック。

一般的にプレミアム、高級と言われるドッグフードの倍以上の価格設定です。

具体的に比較すると、アーテミスやオリジンなど
国際的に評価の高いドッグフードで1日あたり250円程度。

対してコチラは1日あたり607円。。。

まとめ買いプランを利用して1番お得に購入しても425円。。。

しかも1番お得なプランは30袋以上をまとめ買いする必要があります。。。

また、よくよくHPを読み込むと色々と疑問点が出てきます。

非常に良い製品ではあると思いますが
単純にはおすすめできないので星3つにしました。

それでは原材料をチェックしていきましょう!

 

主原料は鮮度こだわった鶏肉と大麦全粒粉!

朝取りの新鮮な鶏を冷凍保存せずにチルド輸送し
新鮮なままに即日加工するというこわだりある鶏肉を使用。

その含有量も50%以上あるそうです。

グレインフリー並みの肉の含有量なので
ワンちゃんにとても嬉しいバランスです。

肉の量が多いのに粗タンパク質が27.0%と控えめなのは
水分量を多く含む新鮮な肉を使用しているからかもしれません。

また、穀物もアレルギーになりにくい大麦全粒粉を使用。

主原料は非常に好感をモテるラインナップです。

 

その他の原材料も概ね良好。保存料が本当にないのが驚き!

主原料以外の部分でも、原材料は概ね良好。

曖昧は表記はなく、カタカナ文字の添加物が本当に少ないのが驚きです。

ビタミン・ミネラルの添加も少なく、保存料の添加もなし。

私が知る中ではトップクラスに無添加の名にふさわしい製品だと感じます。

やっぱり、日本人は凄い!

 

しかし、気になる疑問点もたくさん浮上!

ここで終われば非常に優秀なドッグフードですが
見逃せいない疑問点がいくつかあります。

まずは「脱脂大豆」を使用していること。

脱脂大豆は愛犬家から嫌われる危険な原材料として有名。
簡単に言うと大豆の絞りカスでありカサ増し要因です。

こだわりのドッグフードであれば選択肢には入らないはず。

脱脂大豆を使用した高級品は聞いたことがありません。

なぜ粗悪の代名詞のような原材料を入れるのでしょうか。

 

次は「こだわりの鶏肉」について。

鮮度にこだわっていることは充分アピールされています。

しかし、その鶏がどのような環境で
どんな風に飼育されているかに関しては一切触れられていません。

国産鶏肉100%としか記載がありません。

高級ドックフードの多くは、飼育環境や
与えている飼料のこだわりも徹底的に伝えてくれます。

安全な環境で飼育した鶏を使っています! と伝えます。

この点をアピールしてこないということは、、、
鶏自体には大したこだわりがないのでしょうか。

 

続いて、総合栄養食の表記がないこと。

保証成分を見る限り、総合栄養食だと思いますが
国産商品なのに表示がないということは
協会などに加盟していない可能性があります。

通販限定の小さな会社の多くがそうかもしれませんが
少々不安を感じてしまいます。

総合栄養食の表記はないにしても
このドッグフードだけで大丈夫なのかは表記が欲しいです。

 

最後は「口コミで評判!」の表示

ネット検索すると「口コミで評判!」と表示されますが
実際に口コミをチェックしようとしても
口コミが少なくて、評判かどうかわからないです。

嘘ではないし、販売者側の気持ちもよくわかりますが
やや姑息な販売手法に感じます。
(私も広告業界で働いているのでよくわかります)

ここまで口コミが少ないと
あまり売れていないのでは? と勘ぐってしまいます。

 

ドッグフード無添加ピュアワンの評価まとめ

原材料的には良いドッグフードだと思いますが
価格が高すぎるし、それだけの信頼度があるかと言えば疑問

ここまで強気の価格設定なら完璧な製品であって欲しいです。

ネット販売、国産、無添加の商品を検証したのが初めてなので
勉強不足で偏りのある内容になってしまいましたが
現時点ではお薦めできる商品ではないと判断します。
(国産無添加はどれも似たようなものかもしませんが)

また、感覚的な話になって恐縮ですが
どうも売り気が強く感じてしまい苦手です。

消費者目線で考えると信頼できるかどうか
感覚的な基準も重要ですからね。

HPも綺麗で読みやすいし、原材料も良い。
だが「良い製品だが価格に見合ってない」という結論です。

もったいない、、、の一言です。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す