【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

無添加ドッグフードで病気になった?知らないと困る大きな落とし穴!

「無添加ドッグフード=健康で安全」のイメージがありませんか?

しかし実際は、無添加ドッグフードを与えることによって
体調不良を引き起こすケースが多くあります。

ひどい場合は、今まで健康だった愛犬が突然体調を崩し
被毛や皮膚にダメージを受けることがあります。

これは決して珍しいことではありません。

なぜ、無添加ドッグフードに切り替えたことで体調を崩すのでしょうか?


a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_s

これには2パターンの原因が考えられます。

まず1つ目は相性が悪くて体調を崩すパターン

アレルギー物質が入っていたり
栄養のバランスが合わないなど
ワンちゃんの体に合わないケースです。

無添加であっても体質に合わなければ
アレルギーにもなるし、消化不良も引き起こします。

この時は潔く別のフードに切り替えるしかありません。

 

続く2つ目は「好転反応」によって体調を崩すパターン

こちらが厄介です。

好転反応とは毒出し(デトックス)とも言い換えられます。

健康になるために「まずは溜まった毒を全て排出しよう!」と
体が変化する過程のことです。

毒出し期間は体調を崩しますが、全ての毒が抜けきると
以前よりもすこぶる体調がよくなります。

これが好転反応です。

つまり、相性が良すぎて効果が出過ぎる状態です。

 

飼い主にも、愛犬にも非常に辛い好転反応の期間

毒は体の弱い部分から多く排出される傾向があり
皮膚や被毛に影響がでることが多いと言われます。

具体的には皮膚が赤くなったり、膿んでタダレたり
被毛がバサバサになったり、毛が抜け始めたり、、、

それまで蓄積していた毒が多ければ多いほど悲惨な状況になります。

健康にみえた愛犬の体がボロボロになっていきます。

健康になる前の試練です。

 

これは犬だけでなく、人間にもあることで
完全玄米食を始めた方の多くは好転反応を経験するようです。

ニキビのような吹き出物が大量に発生し
それが潰れてジュクジュクになる。

肌が汚くなり、体もやせ細っていく、、、

健康になるために始めたのに
重症患者のようになるケースも珍しくないそうです。

「好転反応 画像」などでGoogle検索すると
その悲惨な状況がよくわかると思います。(グロいので閲覧注意!)

 

私の知人もマクロビを初めて3ヶ月程はかなり苦しみました。
全身が湿疹だらけになり、肌はボロボロ。顔色も悪い。
別人かと思うほどに体重も落ちていました。

毎日毎日ポテトチップスを食べていた知人の体内は
汚い油がたくさん溜まっていたようです。

もちろん、毒出し期間が過ぎた後は
綺麗さっぱり健康体になっていましたが
よくも我慢できたなーと関心します。

 

相性が良いのか、悪いのか、判断することは難しい!

ここまでの話をまとめます。

無添加ドッグフードを食べて体調を崩すパターンは2種類。

1つ目は相性が悪くて体調を崩すケース
2つ目は相性が良すぎて体調を崩すケースです。

さて、本当の問題はここからです。

 

もし無添加ドッグフードにより体調を崩したとき

あなたは相性が悪いのか、好転反応なのか判断できるでしょうか?

残念ながら、好転反応なのかどうかは素人には区別ができません。

では、どうしたらいいでしょうか。

 

獣医さんに診断してもらいますか?

獣医さんに見せた場合
ほぼ100%フードを切り替えるよう指示されます。

それが好転反応であってもです。
(好転反応は医学的には解明されていないため)

最悪、薬まで処方されるかもしれません。

これではせっかくの毒出しを途中で止めることになり
毒がまた体内に戻ってしまいます。本末転倒です。

では、どうしたらいいでしょうか。

 

残念ながら、誰も正確には判断できないというのが現実です。

人間の場合なら肌がジュクジュクしても痛みが弱いとか
あまり痒くないとか、自分で判断できるそうですが
犬の場合はそのような判断ができません。

最終的には好転反応と信じるか否か
このまま続けるか否か、あなたが判断することになります。

 

しかし、そんな大きな判断を自分だけでできますか。

私だったらとても決断できません。

そこで相談したいのが獣医ではなく販売元です。

無添加ドッグフードを真面目に取り扱う販売元であれば
我々のような購入者から、必ず好転反応に関する相談を受けているはずです。

もちろん、販売元でも断言はできませんが
傾向と対策は教えてくれると思います。

口コミの中には、販売元の言葉を信じて1年以上好転反応に
苦しんだ結果、理想的な健康状態を手にしたという声がありました。
販売元に相談していなければ、絶対に途中で薬を飲ませて中断していたと。

好転反応と思われる症状が出たら、販売元に相談するのが1番だと思います。

 

まとめ

無添加ドッグフードを購入する際は
好転反応が起きる可能性を念頭においてください。

健康になる前の段階であり
まさに求めていた効果が出ている喜ばしいことです。

しかし、それを判断するのは至難の業です。

どの商品を購入するか? だけでなく
どこで購入するか? も重要になります。

無添加ドッグフードを購入するなら
電話窓口などを設置し、いつでも相談できる販売元から購入する。

これが鉄則と言えそうです。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す