【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

切り替える必要はあるのか? シュプレモシニア犬用を評価!

私の愛犬もめでたく推定7歳を迎えたのでシニア犬用のドッグフードも調べてみようと思います。シニア犬用の一発目はニュートロの「シュプレモ シニア犬用」。成犬用は星4ツ評価としていますのでこちらも期待大。成犬用とシニア犬用の違いなどもチェックしたいと思います。


tmp00273

商品名 ニュートロ シュプレモ シニア犬用
メーカー ニュートロ
種類 総合栄養食/ドライフード/シニア犬用
参考価格 1,896円(Amazon参考価格)
内容量 1000g
コスパ 約180円/日(1日あたり95g換算)
原産国 アメリカ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
参考価格で計算していますので、実売価格ならコスパはもっと良くなります。
内容量の多いパックを購入されてもコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分をチェックしましょう!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック。

チキン生肉、乾燥チキン、玄米、 粗挽き米、米糠、乾燥ラム肉、ビートパルプタンパク加水分解物、乾燥サーモン、鶏脂*、ひまわり油*、オーツ麦、亜麻仁、フィッシュオイル*、乾燥卵、トマト、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
*ミックストコフェロールで保存

続いて保証成分。

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 27.0%以上 22.0%以上
粗脂質 13.0%以上 8.0%以上
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 9.0%以下 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下

総合評価:悪くないけどシニア犬用ってこんなものなの?

それでは総合評価を発表します。

 

★★★・・ 星3つです!
シニア犬用のドッグフードは成犬用と同じ基準で評価できなさそうなので一旦保留にします。

 

ニュートロから発売されている
シュプレモシリーズのシニア犬用ドッグフード。

お肉を最重要とするミートファーストの方針のもと
厳選された自然素材を独自の製法でブレンドし
抜群のおいしさと、抜群の栄養バランスを実現した製品。

含まれる原材料は成犬用とほぼ同じですが
調合されている割合に違いがあるようです。

保証成分はシニア犬用らしく
より高タンパク質、低脂質となっています。

良い製品であることは間違いないのですが、、、

成犬用のままでもいいんじゃない?
という感じもしなくもなく、、、評価は一旦保留とします。

それでは原材料をチェックしていきます。

 

主原料はもちろんお肉!

ニュートロ製品はすべて主原料第1位が「肉」。

「肉」は犬にとって1番大切な栄養源であり
シニア犬にとっては成犬以上に重要な要素。

加齢により食べられる量や消化吸収の能力が落ちるので
より高品質な動物性タンパク質が必要となります。

人間と同じで量よりも質が大切になるのです。

この点は流石ニュートロで
第1位がチキン生肉、第2位が乾燥チキンと問題ありません。
粗タンパク質も成犬用よりも1%高くなっています。

第3位となる玄米も栄養価が高くアレルギーになりにくい原材料。
穀物としては優秀な原材料となります。

ただ、シニア犬にとって玄米の消化吸収面がどうなのかは気になるところ。

 

成犬用との1番の違いは脂質にあり!

成犬用と比較するなかで、1番違いがわかるのが脂質。

成犬用の保証成分が15%に対してコチラは13%。

この2%の違いがどれほどの影響を与えるかは全くわかりませんが
原材料の順位を見ると、明らかに脂質の順位が下がっています。
そしてその変わりにフィッシュオイルが増えています。

脂質の量を減らし、その分種類が増えていることになります。

魚油は溶けやすい油なので
より体に優しい仕様になっているように思われます。

 

その他は目立った特徴はなし

この他の原材料に関しては成犬用と変わらず
厳選された野菜やハーブを使用。

悪い印象はありません。

 

シニア犬用には付き物のグルコサミンとコンドロイチン

シニア犬と言えば関節炎。
関節炎と言えばグルコサミンとコンドロイチンですね。

テレビCMのおかげすっかり覚えてしまいました。

犬も人間と同じで、関節の健康状態を維持するためには
グルコサミンとコンドロイチンが有効と言われます。

シニア犬製品では良くアピールされるポイントですが
調べてみると、ドッグフードに含まれる分量では
まったく効果が期待できないようです、、、

1日に必要な摂取量の明確な基準が見つからないので
参考までにして欲しいのですが、例えば本製品であれば
1袋(1Kg)を食べて、やっと1日の摂取量になるくらい。

しかも、小型犬でですよ。

つまり、全く期待はできないということです。
関節炎が気になるようであれば、まずは獣医さんに相談して
サプリメントを処方してもらうのが良いと思います。

 

ニュートロシュプレモ シニア犬用 評価まとめ

ニュートロ シュプレモシニア犬用は
製品的には成犬用と変わらず優良な製品と言えます。

しかし、シニア犬用として見たときに
わざわざ切り替える必要があるのか? と疑問に思います。

それくらいに成犬用とは大きな違いがありません。

とは言え、7歳になったからと言って
いきなり極端にドッグフードを変えるのはおかしいので
シニア犬用ドッグフードの第1歩として考えれば良い製品なのかもしれません。

ちょっと衰えてきたのかな、と思ったときに始めるフードなのかな。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す