【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

愛犬の毛並み毛艶の悩みはドッグフードで改善できるのか?

あなたの愛犬は健康的でツヤツヤとした毛並み、毛艶をしていますか?

愛犬の毛並みや毛艶にお悩みの方は多く、私もその一人です。

今回は「ドッグフードで毛並みや毛艶が改善されるのか?」を考えてみました。


tmp00277
まず結論から言うと「かなり期待ができる!」と私は考えています。

なぜなら、犬の皮膚や被毛はタンパク質と脂質を中心に
構成されていることが科学的にわかっているからです。

質の良いタンパク質と脂質が、ちゃんと体に行き届いていれば
毛並みや毛艶は健康な状態になるということです。

逆を言えば、毛並みや毛艶が悪い原因は、栄養不足の可能性が高いとなりますね。

つまり、毛並みや毛艶にお悩みであれば、今与えているドッグフードよりも
タンパク質と脂質の品質良く保有量が多い製品を選べばいいのです。

 

どんなタンパク質がいいのか?

具体的にはどんなタンパク質がいいのでしょうか?

小麦、コーン、大豆、米などの植物性タンパク質ではなく
牛肉、鶏肉、ラム肉などの動物性タンパク質が良いとされます。

犬は何でも食べる雑食ですが、本来は肉食よりの動物。

穀物よりも肉の方が圧倒的に消化吸収しやすく
栄養になりやすいことがわかっています。

タンパク質がしっかりと消化吸収されることは
毛並みや毛艶だけでなく、健康面全般に重要です。

 

どんな脂質がいいのか?

脂質はタンパク質とは違い
動物性の脂質だけでなく植物性の脂質も重要です。

どちらかだけでなく、双方のバランスが大切です。

パッケージの表記の問題ですが
動物性脂肪と記載のあるものは避けてください。

動物性とは言え、どんな動物のどんな油なのか
まったくわからない原材料だからです。

チキンオイル、ビーフオイルなど
何の油なのか明記してあることが最低条件です。

また、植物性の油も同様に、亜麻仁油、ひまわり油、
オリーブオイルなどちゃんと明記してあることが重要です。

なお、魚の油も植物性に近い油として人気があります。

 

具体的に商品を比較してみましょう。

私が以前使用していたビタワンコンボと
現在使用しているカナガンを比較してみます。

まずはビタワンコンボの原材料と成分。

主なタンパク質:トウモロコシ、小麦粉
主な脂質:ビーフオイル、チキンオイル
タンパク質の保有量:20.0%以上
脂質の保有量:4.0%以上

タンパク質は植物中心なのでNG。
脂質は悪くないが、植物や魚も欲しいところ。
タンパク質と脂質の保有量は少ない。

続いてカナガンの原材料と成分。

主なタンパク質:骨抜きチキン生肉、乾燥チキン
主な脂質:鶏脂、サーモンオイル
タンパク質の保有量:33.0%以上
脂質の保有量:17.0%以上

タンパク質は動物性中心なので満足。
脂質も魚油があるのでOK。欲を言えば植物も欲しい。
タンパク質と脂質の保有量は大満足。
むしろ、タンパク質が多すぎる可能性もあり。

このように製品で全然内容が違うことがわかります。

良質なタンパク質と脂質を充分与えるという観点でみれば
カナガンのほうが圧倒的に理想的であることがわかります。

 

まとめ

もし、現在使用しているドッグフードが
「穀物メイン」「脂質が動物性のみ」「低タンパク質低脂肪」であるなら
ドッグフードを変えるだけで、毛並みや毛艶が改善できるかもしれません。

実際にドッグフードを変えただけで
劇的に毛並みや毛艶が良くなったという話はたくさん聞きます。

しかも1ヶ月程度で劇的に変わるという話が多いです。

愛犬の毛並みや毛艶にお悩みで
それが病気などの特別な場合ではないのであれば
一度、タンパク質と脂質の見直しをされてはどうでしょうか。

 

ちなみに、私の愛犬がカナガンに切り替えてどうなったかと言うと
実は毛並みや毛艶の状態はあまり変わりませんでした。。。(悲)

うちの子の場合は、去勢によるホルモンバランスの崩れが原因のようで
ドッグフードですぐに改善ができるものではなかったようです。

もちろん今後、時間をかけて改善する可能性もありますが
その点はあまり期待せずに継続しようと思います。

このように遺伝や体質の問題であったり、病気や生え変わりであったりと
ドッグフードではどうしようもない状況も多々あると思いますので
あくまで期待ができるという感覚で捉えた方がダメージは少ないです(笑)

口コミがどれだけ良くても、個体差と相性はどうしようもないですね本当に。

 

PS
今回の記事は健康なのに毛並みや毛艶が悪いことを前提にしています。
毛並み毛艶が悪い原因が病気かどうか判断できないときは
ドッグフードの切り替えよりも先に獣医さんに相談してくださいね。
被毛だけなく、皮膚に問題があるなら病気の可能性が高いので
すぐに獣医さんに相談しましょう。

PS2
毛並み毛艶を良くするためサプリメントや
ビール酵母が効くという話を伺いますが
栄養不足が原因である可能性が高いので
まずは主食となるドッグフードを切り替えた方が良いと思います。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す