【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

やっぱり謎が残るドッグフード、、、アボ・ダーム シニアを評価!

アボガドを使用したドッグフードとして有名なアボ・ダームの「アボ・ダーム シニア」に関して調査します。以前評価した成犬用は思ったよりも微妙な製品に感じましたが、こちらは如何でしょうか。


tmp00292

商品名 アボ・ダーム (AVODERM) シニア
メーカー
種類 総合栄養食/ドライフード/シニア(老犬)用
参考価格 1,472円(Amazon参考価格から税引した価格)
内容量 800g
コスパ 約円219/日(1日あたり119g換算)
原産国 アメリカ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
※参考価格で計算していますので、実売価格はもっとコスパが良くなる可能性があります。
※内容量の多いパックを購入してもコスパはもっと良くなります。

 

原材料と保証成分をチェックしましょう!

それでは公表されている原材料と保証成分を解説しましょう!

危険だと考えられる成分、望ましくない成分は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記します)

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOKです。

後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください^^

まずは原材料をチェック。

チキンミール、玄米粉、米粉、オートミール、米糠、鶏脂肪、アボカドミール、トマト繊維、亜麻仁、鶏軟骨(コンドロイチン・グルコサミン源)、アルファルファミール、ナチュラルフレーバー、オート麦糠、にんじん、ニシン粉、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、海草、アボカドオイル、レシチン、ローズマリーエキス、セージエキス、パイナップル、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス・オリゼー発酵抽出物

続いて保証成分。

成 分 保有率 基準値 評 価
粗タンパク質 20.0%以上 22.0%以上
粗脂質 10.0%以上 8.0%以上
粗繊維 6.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 7.0%以下 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下

総合評価:良い製品なんだろうけど、、、謎が多いドッグフード

それでは総合評価を発表します。

 

・・・・・ 保留
(シニア用は全て保留中)

 

アボガドを使用した一風変わった製品として有名なアボ・ダーム。

皮膚と被毛のトラブル、フケ・カユミ・涙やけ
体臭・口臭・便臭、肥満の予防と改善
ノミ付着率の軽減などに役立つと銘打つ製品です。

口コミ評判などをチェックすると
特に涙やけや目ヤニに悩む愛犬家から支持されている様子。

米国のワンちゃん雑誌「WDJ」の2014年推奨製品にもなっています。

成犬用を調査したときには、前評判とは異なり
何だかよくわからない微妙な製品だなーという印象を受けましたが
今回の「アボ・ダーム シニア」も何とも言えない微妙な感じ。

本当に良い製品なのか、、、? と疑問を持ちます。

それでは原材料をチェックしましょう。

 

主原料がお肉になりました

成犬用のアボ・ダームの第1主原料は全粒小麦粉と穀物でしたが
シニアではチキンミールが第1位となります。

シニア犬には成犬時よりも、良質なタンパク質が必要なので
お肉がメインとなるのはありがたい。

また、成犬用ではビーフがメインでしたが
今回はチキンがメインになっていますので
アレルギーの心配も大幅に軽減されていると感じます。

気になるチキンミールですが、どんな飼育環境で育った
どんなチキンなのかは一切記載がありませんが
WDJで推奨しているということは安全な原材料と考えれます。

 

成犬用とシニア用の違いは?

お肉以外の面でも成犬用と異なる点がたくさんあります。

穀物は小麦から玄米に変わり、ニシン粉の順位が大幅アップ。
関節を意識した鳥軟骨が新たに加わり、野菜やハーブ類も増えています。

全体的に消化吸収しやす、栄養価も高くなっており
胃腸や関節などの衰えにも対応する製品になったイメージがあります。

 

良い製品ぽいけど、気になる点があれこれ

成犬用のときもそうでしたが
ナチュラルフレーバー、塩、塩化カリウムなど
善悪の区別がつかないものが多く含まれます。

いずれも少量であれば問題はないと思いますが
安心してオススメできる製品には含まれない原材料でもあります。

また、ミネラルに硫酸系が多いのも特徴的。
ここも善悪の区別が難しいので、何とも言えません。

ただ、やはり安心してオススメできる製品には含まれない原材料です。

 

1番気になるのが脂質のパーセンテージ

通常、シニア用は成犬用に比べて脂質は少なくなることが多いのですが
アボ・ダーム シニアは脂質のパーセンテージが増えています。

成犬用:8%
シニア用:10%

しかも、脂質だけでなく給餌量も増えています。

成犬用:109g
シニア用:119g

なぜ成犬よりも増えるのでしょうか?

お肉がビーフからチキンに変わったことで
脂質のパーセンテージが増えても、体への
負担は減っているのかな、と想像はできますが
一般的な製品とは逆を行く流れをとっているのが特徴的

成犬用の8%が少なすぎると思いますので
ちょうど良くなったとも解釈はできますけどね。

 

アボ・ダーム シニアの評価まとめ

成犬用と同じく、良い製品なんだろうけど
色々疑問が残るドッグフードだと思います。

一般的なドッグフードとはアプローチの仕方が
異なる製品と言った方が正しいかもしれません。

王道的な製品を試したうえで
何か変わった物を、、、とアプローチを変えたいときにはオススメできるかな。

唯一無二の製品なので、ぴったりとハマれば
コレ以外は考えられなくなるかも。

いずれにしてもアボ・ダームよりも優先したほうが良い
ドッグフードはたくさんありますので、初心者向けでは
ないという印象があります。

何を試してもダメなときには頼ってみてもいいかも。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す