【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

安全なドッグフードですが販売店少なすぎ…ウェルネスを評価!

少し前に某ペットショップに訪れたところアメリカ産のドッグフードであるウェルネス(WELLNESS)のサンプルを頂きました。そんなわけで今回は頂いた『ウェルネス 高齢犬用(7歳以上)骨抜き七面鳥&えんどう』を調査。安全で安心できるドッグフードなのか調べてみます。


tmp00330

商品名 ウェルネス 小型犬 高齢犬用(7歳以上) 骨抜き七面鳥&えんどう
メーカー・輸入元 ウェルペット社
種類 総合栄養食/ドライフード/小型犬用/高齢犬用(7歳以上)
参考価格(税抜) 1,850円(某ペットショップ店頭価格より税抜)
内容量 900g
コスパ 約226円/日(1日あたり110g換算)
原産国 アメリカ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
(コスパは参考価格で算出。実売価格ならコスパが良くなる可能性あり)
(内容量の多いパックを購入した場合もコスパが良くなる可能性あり)

 

原材料と保証成分一覧

それでは原材料と保証成分を解説します。

まずは公表されている原材料と保証成分をご覧ください。
危険性があり望ましくないとされる原材料は赤色で表記します。
(賛否両論ある原材料も赤色で表記)

なお、ビタミン・ミネラル類に関しては、賛否両論がありすぎて
私の知識では判断しようがないため評価対象外とします。

難しいことはわからなくても
赤色が多ければ「ヤバいかも!」と思って頂ければOK。
後ほど、わかりやすく解説しますのでサラッと見てください。

まずは原材料をチェック。

骨抜き七面鳥、チキンミール、粗挽き玄米、えんどう、粗挽き白米、オートミール、トマトポマス、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、粗挽き亜麻仁、チキンエキス、トマト、にんじん、ほうれん草、りんご、さつまいも、ブルーベリー、チコリ根抽出物、ラクトバチルス・プランタラム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィルス※、ユッカ抽出物、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(コリン、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、A、B2、D3、B12、B6、B1、アスコルビン酸、ビオチン、葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸)、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロールローズマリー抽出物緑茶抽出物)、アミノ酸類(タウリン)
※乳酸菌
自然派成分の酸化防止剤使用:ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物

続いて保証成分をチェック。

成 分 保有率 基準値 比 較
粗タンパク質 25.0%以上 18.0%以上 +7.0%
粗脂質 12.0%以上 5.0%以上 +7.0%
粗繊維 4.5%以下 4.0%以下 +0.5%
粗灰分(ミネラル) 5.5%以下 8.0%以下 -2.5%
水 分 10.0%以下 10.0%以下 ±0.0%

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネット上などの情報より暫定的に決定。あくまで参考までにどうぞ。

総合評価:原材料と成分バランスは問題なし。販売店が少ないのが残念

それでは総合評価を発表します。

 

・・・・・ 保留
(シニア犬向けは全て保留中)

 

アメリカのウェルペット社が販売するウェルネス(WELLNESS)シリーズ。

アメリカの愛犬家に人気の雑誌『Whole Dog Journal’s(WDJ)』の
2015年推奨ドッグフードにも選ばれており、製品としての信頼度は高め。
(『Whole Dog Journal’s(WDJ)』とは?)

公式サイトを見ても素材の出処などの記載は見当たりませんが
比較的、安全な素材を使用したドッグフードであることがわかります。

また原材料の品目も良質なものが多いようで安心。
保証成分も高タンパク質低脂肪で理想的なバランスと思われます。

他の製品よりも若干お値段が高い点と
購入できるお店が限られているのが難点ですが
もし近所で簡単に入手可能であれば検討する価値はある製品だと思います。

それでは原材料の詳細をチェックしましょう。

 

副産物を使用しない安全な主原料で安心!

主原料は骨抜き七面鳥、チキンミール、粗挽き玄米と並びます。

高価格帯の製品らしくメインは安全なお肉。
WDJ推奨なので血液、骨、内臓などを使用しない
高品質なお肉であることがわかります。

犬にとって1番重要と言えるポイントなので
ココをきっちり抑えているのはさすが。

穀物も栄養価が高い玄米を使用していて理想的。
粗挽きであることで胃腸への負担も減らしているのかな?

また、メインが一般的なチキンではなく七面鳥なので
現在チキンがメインの場合もローテションとして組み入れやすいのも嬉しい。

※同じ原材料ばかり食べ続けるとアレルギーになる可能性が高くなると言われます。
チキン⇒七面鳥⇒ビーフなど種類を替えてローテするのが理想的と言われます。

 

脂質は動物性と植物性がバランスよく配合。

続いてお肉(たんぱく質)の次に重要と言われる脂質。

こちらは鶏脂と粗挽き亜麻仁を使用。

動物性だけでなく植物性の油が配合されているので
毛並や毛艶に良い影響が期待できそうです。

欲を言えば魚もあればベターでした。

 

野菜と果物の中で気になる”ほうれん草”の存在。

お肉や穀物、脂質の後は野菜と果物が続きます。

ここで気になるのが“ほうれん草”の存在。

あまり注意度は高くありませんが念の為にお伝えすると
ほうれん草は結石の原因になる可能性があるので
犬にはあまり与えない方が良い素材と言われます。

ほうれん草のアクが原因となるので
アク抜きをちゃんとしてあればあまり問題はないそうですが
気になる方は避けた方がベターと言えます。

 

乳酸菌や食物繊維もしっかり。酸化防止剤は天然成分で安心。

この他では乳酸菌類が多く入っているのが特徴的。

食物繊維もしっかりと入っていますので胃腸に優しく
シニア犬には嬉しいポイントと言えます。

酸化防止剤はミックストコフェロール
ローズマリー抽出物、緑茶抽出物を使用。

無添加ではありませんが
天然素材で安全と言われる原材料なので安心だと感じます。

 

ウェルネス 高齢犬用(7歳以上)骨抜き七面鳥&えんどうの評価まとめ

原材料も成分バランスも問題なし。

公式サイトでの説明は足りないものの
WDJの2015年推奨ドッグフードに入っているのは
大きなアドバンテージであり、安心材料のひとつです。

価格が少し高めなのは仕方ないとして
販売会社が少なすぎるのが大きな問題点。

現状ネットでも通販されていないようなので
近隣になければ諦めるしかないですね……

今後の販路拡大に期待です。

お近くに販売店があれば検討してみても良いかもしれませんね。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す