【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

愛犬の食物・環境アレルギー検査の結果を公開します。

愛犬のドッグフードを選ぶときに参考になるのがアレルギー検査(アレルギーチェック)です。「費用が高く、しかも検査結果の信ぴょう性は低いよね……」と敬遠される方も多くいますが、既に悩みがある状態であればひとつの参考資料になることは間違いありません。数年ぶりに愛犬のアレルギー検査を実施したので診断結果を公開したいと思います。まだアレルギー検査をしたことがなければ、こんなもんだと参考にしてみてください。

step0002

検査方法には種類がある。

アレルギー検査には被毛を使う方法と血液を使う方法があります。

被毛を使う方法は愛犬の毛を20~30本提出するだけで検査ができるお手軽な方法です。愛犬のカラダに負担がなく価格も安いことが特徴です。しかし検査結果の信ぴょう性は低いとよく聞きます。ちなみに今回はこちらの被毛検査を実施。とあるショップでキャンペーンをしていたので価格の安さに釣られてやってみました(血液検査では30,000円程度かかるだろう検査項目を10,000円を切る価格で受けられました)。

対して血液を使う方法は動物病院にて採血してもらう必要があります。愛犬のカラダに多少の負担がかかるうえに価格もグッと高くなります。その分、検査結果の信ぴょう性は高くなると言われますが、それでも私の知る獣医は「血液のアレルギー検査もあくまで参考データであり本当に信頼できるのもではない」と言っていました。

いずれの方法をとっても、確実なデータがわかるわけではないようです。

検査項目で価格が異なる。

アレルギー検査を行うときには検査項目を選択する必要があります。ザックリと以下の3種類にわけられます。

『主要な食物アレルギーだけを調べる』
『食物アレルギーを詳しく調べる』
『ハウスダストや花粉など環境アレルギーを調べる』

それぞれによって価格が異なります。とにかく詳しく調べたいなら『食物アレルギーを詳しく調べる』+『ハウスダストや花粉など環境アレルギーを調べる』の全部盛り。まだアレルギー症状は出てないけど愛犬のことを知っておきたいというレベルなら『主要な食物アレルギーだけを調べる』という風に好みでチョイスします。

どれがいいのかわからないときには獣医さんに相談しましょう。症状によっては『ハウスダストや花粉など環境アレルギーを調べる』だけで良いこともあります。

ちなみに血液検査の場合は全部盛りだと30,000円ほどかかるようです(動物病院によって価格が違うかも。もっと高い!?)。細かい金額はわかりませんが、多くの家庭にとって気軽にできる価格ではないことは確かです。被毛検査であれば、その2分の1から3分の1程度まで安くなります。

アレルギー検査は参考にしかならない。

前述しましたが、現時点ではどのアレルギー検査を受けても確実な検査結果はでないと考えた方が良いでしょう。極端な話ですが「牛肉はダメで鶏肉は大丈夫です」と検査結果が出ても、真実は全く逆かもしれないということです……

もしかすると被毛検査と血液検査でも全然違う結果になるかもしれませんし、日によっても違うかもしれません。1年に1回くらいの頻度で検査しても毎回結果が変わるのは当たり前と言われます(うちの愛犬の結果も昔と比べるとビックリするくらい変化していました)。

価格が高く、信ぴょう性も高くないとなれば検査するのがバカらしいわけですが、既にかゆみなどアレルギーらしき症状が出ている場合は治療方針を決める大切な参考資料になるのも事実です。闇雲に治療をするよりは絶対マシです。

最短で愛犬の悩みを解決するためには大切な検査だと私は思っています。

こちらが検査結果(被毛検査)です。

※画像貼り付け予定(後日貼り付けます、すみません)。

診断結果は各項目ごとにプラス・マイナス(陰性陽性)の評価がされます。明瞭でとてもわかり易いです。「陽性のものは近づけたり食べたりしないでね!」ということです。

ただシンプルすぎて味気ないです。食事や生活へのアドバイスなどは一切ありません。店頭で被毛を提出するときに検査機関の専門員(?)がいたので話を聞いたり相談したりをしましたが、診断結果には相談内容は一切触れられていませんでした。各項目の陽性陰性が書かれているだけ。あの相談は何だったんだ……という感じです(相談したときも獣医ではないので知識が浅く予想通りの回答しか返ってきませんでした。すいません愚痴です)

まとめ

内容にまとまりがなくなったのでまとめます。

アレルギー検査は価格も高く、信ぴょう性も高いとは言えない検査です。しかし治療方針やドッグフードを選ぶうえでは参考になる情報なので気になることがあれば受けることをオススメします。診断通りにアレルギー物質を避けて症状が改善したら儲けものです。

被毛検査と血液検査のどちらがいいかと言えば……好みになると思います。でも信頼できる獣医さんがいるなら、その獣医さんを介して血液検査をした方が良いかもしれません。診断結果を元にフォローやアドバイスがもらえますからね。

ドッグフード選びに困っていて、まだ検査をしたことがなければ是非一度ご検討ください。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

1件のコメント

  • なっ、なんと!!!
    現在、私の中で一番ホットな話題が~~~(笑)

    現在、食物アレルギーの可能性があり、悩んでいる所でした(´д`|||)

コメントを残す