【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

暑くて夏バテ?愛犬が食欲不振でフードを食べないときの対策

今年も本格的な夏が始まりました。梅雨から夏にかけておきるのが夏バテや熱中症の問題。うちの愛犬も毎年恒例ですが食欲がなくなってきています。普段のようにフードを食べてくれません。ほんと定番の問題なんですが毎年のように頭を悩ませてしまいます。そこで夏の食欲不振問題の対策や対処方法をまとめてみました。

file3361304284444

健康な犬でも夏は食事量が減ることが多い。

まず大前提ですが「健康な犬であっても夏は食事量が減ることが多い」と言われます。季節ごとの増減を表すと……

春:100%
夏:80~90%
秋:100%
冬:110~120%

夏は食事量が減少して、冬は増加するイメージです。わたし達と同じですね(笑) そんなわけで、夏に食事量が減るのは自然なことなので、ご飯の量が減っても元気であれば過度に心配する必要はありません(もちろん暑くてもモリモリご飯を食べてくれると嬉しいですけどね)。

夏バテの症状がないかチェックしよう!

とは言え、犬が暑い季節が苦手なのは間違いありません。多かれ少なかれ、どの犬も夏バテをしているはずです。少し食欲がないレベルならいいですが、明らかに体調が悪そうなときは夏バテが進行しているのかもしれません。

夏バテの主な症状は以下です。

・食欲がない
・動きがノロノロしている
・散歩を嫌がる
・あまり動かず”ぐで~っ”としている
・ウンチがいつもよりもゆるい

夏バテは突然起きるものではなく数日かけて徐々にバテていきます。既に兆候が出ているなら今以上に症状が進行しないように対策をとりましょう。夏バテ解消が食欲を取り戻す鍵ですから!

夏バテ対策①:水分をしっかりと摂らせる。

1b4d945097b64278bb46bbce7b86311d_s
食欲不振を過剰に心配する必要はありませんが、水分不足は深刻な問題に直結します。当たり前のことですが水はいつでも自由に飲める環境を作りましょう(短時間の散歩であっても水を携帯することが望ましいです)。

また、冷蔵庫で冷やした水を与える家庭もありますが、お腹を冷やしすぎると胃腸の動きがにぶくなったり、お腹がゆるくなったりして、余計に夏バテが進行する可能性があります。「冷たいものばかり飲むと下痢するよ! 夏バテするよ!!」と母親に叱られた経験がある方も多いはず。あれと同じです。

散歩後など体温が高いときには効果的ですが、冷たい水ばかりを与えるのは避けた方が好ましいでしょう。特に消化機能が弱い老犬や子犬は控えめにした方が良いと思います。

水を用意しても飲まないときは……

水を用意しても飲まないときは、まずはこまめに入れ替えてみてください。うちの場合はこれだけでも飲む量が増えます。お手軽なのでオススメです。

それでもダメなら麦茶を飲ませるのもありです。ミネラルやビタミンも一緒に補給できるので一石二鳥なんだとか。ただし一時的に麦茶を飲ませるだけであり、水の代わりに常に麦茶を与えるわけではありませんのでお間違いなく(麦茶以外のカフェインが入っているお茶もダメです)。

あとはフードに鶏肉のゆで汁など水分を混ぜてしまうのも常套句ですね。フードも食べてくれるし、水分も摂れるしで一石二鳥です。我が家でもスペシャルご飯的に夏場は頻繁に登場します。

【追記】
イヌ友から夏場に水を飲まないときの対処方法を教えてもらったので追記します!
まず「鶏肉のゆで汁」を製氷トレイにいれて凍らせます。出来上がった「ゆで汁の氷」をそのままワンちゃんのお水の中にINします。たったこれだけでお水をグビグビ飲むようになります(我が家でも実証済み)。

「ゆで汁の氷」だけを取り出してガリガリ食べたりもするので、床が汚れてしまう難点もありますが、即効性があるしカラダにも負担をかけないのでおすすめです。なお、「鶏肉のゆで汁」は冷ましてから凍らせてくださいね! もちろん、塩などで味付しないでくださいね。

夏バテ対策②:エアコンで室温をコントロールする。

7c3ae965843c72f04ad7b63dba97b043_s
室内で犬を飼っているなら空調管理は絶対です。風通しがよく窓を開けるだけで涼しいなら問題ありませんが、窓を閉めきる留守番の時などは必ずエアコンをつけてあげましょう。

熱中症は夏バテとは異なり短時間でおきてしまいます。たった15分~30分程度で生命の危険へと発展します(今年は人的ミスによる犬の熱中症事故がゼロであって欲しいです)。

また、エアコンをつけてお留守番させる際は、ひとつの部屋に閉じ込めるのではなく、自由に部屋を行き来できるようにしてあげると良いと思います(しつけでゲージの中に入れている家庭だと悩みどころですが……)。

エアコンの効きは悪くなりますが、自分の体温に合わせて自由に場所を選べたほうが犬にとって快適なはずだからです。実際にうちの愛犬はいつもエアコンのある居間ではなく、玄関の床に寝そべってお留守番をしています。床の冷たさ、風通し、気温がマッチするのでしょう。

万が一、停電になってエアコンが切れたときも場所を選択できた方が犬にとっても良いですからね。

設定温度は?冷やし過ぎにはご注意を。

エアコンの設定温度は一般的には25℃前後が好ましいと言われていますが、犬種や年齢によって大きく異なる気がします。愛犬が舌を出してハァハァしない程度に設定するのが良いと思います。

しかし室内と外の温度差がありすぎると人間同様に自律神経が乱れて体調を崩すとも言われます。愛犬のためと想っても温度の下げ過ぎは注意しましょう。より夏バテが進行してしまいます。

湿度の管理もとても大切!

ちなみに温度だけでなく湿度管理も大切です。犬も人間も気化熱によって体温が下がるので湿度が高くなると体温が下がりにくくなります。湿度が高いことは犬にはとても苦しい状況のはず。

湿度設定は50~60%が理想的と言われますので、室温だけなく湿度も気にしてあげましょう。なお、夕立後は一気に湿度があがり蒸し暑くなるので特に注意が必要です。

夏バテ対策③:暑いけども散歩や運動は大切!

18bfd45c22680ea9c8a17a4bd494b5a7_s
夏になると散歩をできる時間が減ってしまいます。気温や路面の熱さを考えると『朝7:00前』と『夜21:00以降』が好ましい時間帯と言われます。

生活サイクルや安全面を考えると、この時間帯に散歩するのは難しい気もしますが、日常的に散歩や運動をすることは大切です。運動することで血液やリンパの流れが良くなります。筋肉を動かすことで代謝もアップします。胃腸を始めとした臓器も活性化されて食欲も戻ります。

動かないことは動物にとって不自然であり体調不良を悪化させる原因になるので、涼しい時間を狙って積極的にお散歩しましょう。お散歩できないときは室内で遊んであげましょう(病気や怪我でないかぎりワンちゃんが散歩したくなさそうでも、少し散歩した方が良いです)。

夏バテ対策④:ブラッシングするだけでも効果があるらしい。

b381029f28e2da34a5b96dbfb17739ac_s
犬種によりますが、毛の長いワンちゃんであればブラッシングするだけも暑さ対策になるそうです。余計な毛を空いてあげることで通気性がよくなり涼しくなるようです。

もちろん、ブラッシングではなく思い切ってサマーカットにしてあげるのも手です。ただし、犬種によってサマーカットの向き不向きがあるし、どれくらいの長さが適切なのかは事前にトリマーさんに相談した方がいいでしょう。

良かれと思って短くしすぎると、体感温度が逆に高くなったり、地肌にダメージを受けたりと逆効果になります。

夏バテ対策⑤:食事を工夫してみよう!

d93f2f869624e0cfada11c032bb2decf_s
夏バテ中の食事はドライフードだけでなく、少し好きなものを混ぜてあげるのも良いと思います。前述した鶏肉のゆで汁を使うなど水分が多いものをトッピングしてあげると喜んで食べると思います。

他には科学的な根拠はないと思いますが、旬な夏野菜には熱を冷ます効果や水分を補給する効果があると言われます。代表的なところではトマト、ゴーヤ、きゅうりでしょうか。これらをトッピングしてあげるのも夏バテには効果的だとされます。

私は手作りフードの知識がないので多くは語れませんが、レシピを公開している愛犬家のブログもたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。あと、地味なテクニックですが涼しい時間帯にエサをあげるというのも意外と効果的ですよ。

※夏バテ中のイヌの食事に関して新しい記事を書きました。コチラも参考にしてください。
⇒食欲減退↓夏バテ中の愛犬にあげたい夏の野菜やフルーツ!

おかしい!?と思ったら獣医さんに相談を!

と、このように夏バテ対策を紹介してきましたが、下痢や嘔吐があるなど症状がひどい場合は獣医さんに相談してくださいね。もちろん症状がなくても2日ほど何も食べないというのも危険です。

また、気づきにくいですが、過剰に水を飲む&おしっこが多いなども問題があります。夏バテから病気が進行するケースもありますので充分注意してください。心配ならまずは動物病院へ行きましょう。

夏バテが続くと”疲れ”が秋へと持ち越されます。過剰に心配するのはよくありませんが、適度に夏バテ対策を取り入れて一緒に夏を楽しみましょう。そして元気に秋を迎えましょう!

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す