【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

【更新版】安心安全だけどオリジンの劣化版か…アカナを評価!

acana
気になるドッグフードを徹底的に調べる
『ドッグフード評判調査室』にようこそ!

ここでは、口コミ評判だけでなく
原材料・成分・公式情報などを参考にして
総合的に商品を評価していきます。

今回のターゲットはこちら。

世界的に人気のドッグフードブランド
アカナから『アダルトスモールブリード』を分析します。

果たして、健康的で安全安心な
おすすめドッグフードなのでしょうか?

※【2018年】最新版の原材料一覧を参考に更新&再評価しました。
※その他のアカナヘリテージシリーズに関しても追記しました。

【基本情報】アカナの価格・コスパなど!

アカナアダルトスモールブリードのパッケージ

商品名 アカナ アダルトスモールブリード
参考価格(税抜) 3,750円
内容量 2,000g
コスパ 約140円/日(1日あたり75g換算)
原産国 カナダ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。

【ドッグフード評価】アカナのおすすめ度を発表!

それでは早速、
『アダルトスモールブリード』の調査結果を報告します。


★4つ星ドッグフード★

管理人の愛犬ダン君から一言どうぞ!

オリジンには劣るけど……
世界的な超有名ブランドであり
上位ブランドのオリジンには
劣るけどアカナも素晴らしいワン!

原材料のラインナップと
素材の安全品質レベルはもちろん
価格がお手頃なのが嬉しいワン!

ただし、
Amazonや楽天で販売している
並行輸入品には注意するワン!

【更新版・製品情報】アカナの原材料と保証成分一覧!

それではここからは
商品の詳細を解説していきますね。

まずは、原材料をチェックしましょう。

危険性がある素材や望ましくないと
考えられる素材は赤文字で表記しますので
赤が多ければ「ヤバいかも!」と
考えてもらえば結構です!

なお、ビタミン・ミネラル類は
賛否両論がありすぎて
判断できないため評価対象外とします。

新鮮鶏肉(12 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(12 %)、赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、鶏脂肪(5 %)、新鮮鶏臓器, (レバー、ハツ、腎臓)(4 %)、ニシンミール(4 %)、新鮮全卵(4 %)、新鮮丸ごとカレイ(4 %)、ニシン油(2 %)、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨(1 %)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

続いて、保証成分をチェックしましょう。

成 分 保有率 基準値
粗タンパク質 31.0%以上 18.0%以上
粗脂質 17.0%以上 5.0%以上
粗繊維 5.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 7.0%以下 8.0%以下
水 分 12.0%以下 10.0%以下
カロリー 351kcal/100g

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネット上などの情報より暫定的に決定。あくまで参考までに。
※保証成分(保証分析値)の考え方についてはコチラの記事を参考にどうぞ。

【危険or安全】アカナの良いとこ悪いとこ徹底解説

それではここからは
原材料の中でも気になった素材や
製品情報で気になったところを
詳しく解説していきます。

『アダルトスモールブリード』の
おすすめできるポイントや
注意すべきポイントを解説するので
「愛犬に与えても大丈夫なのか?」
を、判断する材料にしてください。

お肉たっぷりの贅沢仕様でワンちゃん大喜び!

主原料となるのは以下の3素材。

・新鮮鶏肉(12%)
・鶏肉ミール(12%)
・七面鳥肉ミール(12%)

お肉がたっぷりで
ドッグフードの理想形ですね。

なお、
通常「○○ミール」と表示があれば
注意が必要となってきますが
アカナで使用されているミールは
安全性の高い素材となっています。

公式サイトに、人間が食べられる品質の
鶏肉だけを使用して、副産物も不使用と
明記してありますからね。

激安製品の”怪しいミール”ではなく
“安全性なミール”なので安心を。

炭水化物を減らして進化を遂げた重要ポイントとは?

以前調べた原材料の変更前は
原材料第2位にスチールカットオーツ
が採用されていましたが
なんと今回は姿を消しています。

その変わりに豆類が増えていますが
全体としては低炭水化物の商品へと
進化しているようです。

カロリーは一般的なドッグフードと
変わりはありませんが
糖質が減った分だけ
肥満や糖尿病を避けること期待できます。

これは飼い主にも
ワンちゃんにも嬉しい内容変更です!

2つのオイルで毛並みや毛艶もサポートできる!

お肉の次に注目したい栄養素である
脂質には、鶏肉脂肪とニシン油が
メインで使用されています。

鶏肉だけでなく魚の油が
含まれていることは嬉しいポイント。

できれば、植物性のオイルを含めて
3種の油がバランスよく含まれると
良いと言われますが
素材の品質が高いので及第点かなと。

【オリジンvsアカナ】一体どんな違いがあるの?

アカナの上位ブランドであるオリジン。

オリジンは、生物学的理想を追求した
超贅沢ドッグフードであり
オオカミ時代の食生をイメージした
とてもパワフルなドッグフードです。

対するアカナは、
「とは言っても、現代のイヌは
オオカミとは全然違いますよね……」
という感じで、現代流にアレンジされた
ドッグフードという印象を受けます。

ちなみにオリジンの原材料の
一部を紹介すると、こんな感じです。

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新

とにかくまぁ
お肉の勢いが違います(笑)

その分、高タンパク質・高脂肪なので
もしかすると、日本の小型犬&室内飼育
の環境だと、アカナのほうが
しっくりくる可能性もあると思います。

ただ、原材料のラインナップは
オリジンが圧倒的に上位なのは
間違いありません。

【注意】アカナはAmazonや楽天で安く購入していいの?

アカナシリーズは、
Amazonや楽天で定価よりも
かなり割安に購入することができます。

時期によっては
半額以下で購入できるくらいの
超お買い得期間もあります。

しかし、これらは輸入経路が不明な
並行輸入品の可能性があるので
リスキーな選択かもしれないと考えてください。

実際にAmazonで
このような口コミを確認しました。

いつもアカナフードを使っていますが、初めてこんな物粒をみました。
開封したらカビ?のような物が付着しています。

ドッグフードは船便で輸入されますが
航路や保管状況によっては
商品そのものの品質を低下させます。

せっかく購入してみたのに
なんかあまり食べてくれなかった……
につながってしまいます。

贔屓にしているショップが
セールをしているときはいいですが
それ以外のときは手を出さないほうが
いいかもしれません。

アカナシリーズ商品ラインナップをかんたん評価!

さて、一旦ここで残りのラインナップにも
軽く触れておきましょう。

各商品の細かな分析はしませんが
特徴や違いに焦点をあてて
サラリと紹介していきますね!

対象となるのは
以下、アカナヘリテージシリーズです。

・アカナ パピースモールブリード
・アカナ パピー&ジュニア
・アカナ パピーラージブリード
・アカナ コッブチキン&グリーンズ
・アカナ アダルトラージブリード
・アカナ スポーツ&アジリティ
・アカナ ライト&フィット
・アカナ シニアドッグ

それでは順番に解説していきます。

アカナパピースモールブリードの特徴や評判は?

アカナパピースモールブリードは、
成犬時に最大9kgになる子犬用の商品。

原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

特徴としては、今回分析した
アダルトスモールブリードと
原材料はほぼ変わりありませんが
含有比率が調整されています。

より高タンパク質・高脂肪となり
成犬よりもエネルギーが
必要な子犬用となっています。

アカナパピー&ジュニアの特徴や評判は?

アカナパピー&ジュニアは
成犬時に9kg~25kgになる子犬用の商品。

ひとつ上で紹介している
アカナパピースモールブリードと
原材料はまったく同じ構成であり
若干、含有比率に違うだけです。

もちろん、原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

アカナパピーラージブリードの特徴や評判は?

アカナパピーラージブリードは
成犬時に25kg以上になる子犬用の商品。

原材料的には
他のパピーシリーズと全く同じです。

若干、カルシウム&リンと
オメガ6&オメガ3などの成分が
調整されているだけです。

もちろん、原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

ただし、11.4kgの容量しか
販売していないのが特徴となります。

パピーシリーズに関しては
内容はどれも変わらないので
成犬時の想定体重に合わせて
商品を選べば問題ありません。

アカナコッブチキン&グリーンズの特徴や評判は?

アカナコッブチキン&グリーンズは
全年齢のあらゆる犬用の商品です。

特徴としては、今回分析した
アダルトスモールブリードと
原材料はほぼ変わりありませんが
含有比率が調整されています。

若干、低タンパク質となり
その分、フルーツや野菜の占める
割合が増えているイメージです。

もちろん、原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

アカナアダルトラージブリードの特徴や評判は?

アカナアダルトラージブリードは
25kg以上の大型犬用の商品です。

完全な大型犬向けなので
11.4Kgの容量しか販売していないのが
特徴となっています。

また、原材料はその他と変わりませんが
大型犬のカラダを支えるために
脂肪とカロリーが抑えらた設計です。

もちろん、原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

アカナスポーツ&アジリティの特徴や評判は?

アカナスポーツ&アジリティは
全犬種活動犬用の商品です。

牧羊犬やスポーツ競技犬などの
活動量がとても多いワンちゃんのための
ドッグフードとなります。

原材料はその他と変わりませんが
スタミナ・持久力を維持するために
高タンパク質・高脂肪・高カロリーな設計です。

原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードですが

一般家庭のワンちゃんに
与えるものではありませんのでご注意ください。

アカナライト&フィットの特徴や評判は?

アカナライト&フィットは
1歳以上のあらゆる犬用の商品であり
低カロリーなダイエットフードです。
(カロリー数値は3070kcal/kg)

原材料はその他と変わりませんが
高タンパク質・低脂肪・低カロリーな設計です。

ダイエットフードとしては
なかなか理想的なイメージなので
肥満気味のワンちゃんにはおすすめです。

もちろん、原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

アカナシニアドッグの特徴や評判は?

アカナシニアドッグは
7歳以上のあらゆる犬用の商品です。

ひとつうえで紹介した
ダイエットフードほどではありませんが
高タンパク質・低脂肪・低カロリーな設計です。

おデブじゃないけど
活動量や代謝がちょっと落ちてきたなーと
感じるシニア犬には最適なフードだと思います。

原材料はその他と変わらないので
原材料のラインナップも
素材の安全品質レベルも
全く問題ない安心ドッグフードです。

【ドッグフード口コミ評判】アカナ利用者のリアルな声!

・食い付き良くて喉つまりしそうなので少しづつ皿に入れてます。毛並みも良く、うんちも始めはゆるめでしたが量を少しずつ調整していきよくなりました。

・一歳半のマルックスに与えています。どのフードも直ぐに食べ飽きて拒食していたのが、うそのように食いついています。悩みだった目やにも綺麗になり、食ふんも減ってきました。今後も続けて食べさせてあげたいです。

・アカナにしてからウンチもコロコロで毛並みもサラサラ、犬特有の匂いも少なくなりました。粒もほかのアカナより小さいのでウチの小型犬達にも食べやすい大きさです。

・我が家の2歳のトイプー、ずっとアカナのご飯です。他のご飯も試したりしましたが、やはりこちらは粒が小さめで食べやすそうで味も美味しいようです。しかも毎日、とてもいいウ〇チが出ています。途中で他のご飯に変えたら便秘がちになってしまったので、またすぐこちらに戻しました。ワンコの健康なウ〇チのために、このご飯をこれからも続けていきます。

【結論】アカナはおすすめできるドッグフードか?

アカナは、世界的にも評価の高い
チャンピオンペットフーズ社の製品なので
原材料のラインナップも
素材の安全品質も世界トップクラスです。

しかも、
スチールカットオーツを排除した
原材料のメジャーチェンジは
個人的には大正解の嬉しいポイント。

じつは、前回のモデルでは
3つ星に留めていたくらいです。
(今回は4つ星に昇格)

もちろん、オリジンのほうが
原材料的には遥かに豪華ですが
日本のワンちゃんにはパワフル過ぎる
可能性を考えると、アカナのほうが
ぴったりと合うワンちゃんも多いかも。

オリジンだと、涙やけが出たり
毛艶がベタベタしたりするなど
相性が悪いようなら
アカナを選択するのが良いと思われます。

公開情報の観点から見ると
5つ星とは言えませんが
充分に試してみる価値のある
素晴らしいドッグフードです。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す