【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

【アレルギーテスト】被毛検査と血液検査の結果を比較してみた!

以前コチラの記事で愛犬のアレルギーテストの結果を公開しました。あれから約5ヶ月経過したのですが、わけあって改めてアレルギーテストを受けました。

前回は「被毛を使った検査」でしたが、今回は「血液を使った検査」です。同じアレルギーテストという名目ですが、被毛と血液でどれくらい結果が異なったのか報告します。

被毛検査と血液検査の結果を比較検証!

(前回の被毛検査の結果画像)

(今回の血液検査の結果画像)

同じアレルギーテストではありますが、検査項目が異なったり、報告書の記載方法が異なったり、5ヶ月とは言え時期が違ったりするので、単純な比較はできませんが……やっぱり、被毛と血液では検査結果が全然違いました。

顕著だった項目をザックリと紹介すると

検査項目 被毛検査の結果 血液検査の結果
ハウスダスト(ダニ系) 要注意(高め) 問題なし
カモガヤ(牧草) 問題なし 要注意(やや高め)
ハルガヤ(牧草) 問題なし 要注意(やや高め)
オオアワガエリ(牧草) 問題なし 要注意(やや高め)
ニホンスギ(スギ) 要注意(高め) 問題なし
豚肉 問題なし 要注意
羊肉 問題なし 要注意(やや高め)
鱈(タラ) 問題なし 要注意
ナマズ 問題なし 要注意
シシャモ 要注意(低め) 問題なし

5ヶ月の間に季節が変わり、自然環境が変わっているので、ハウスダスト系や雑草系が大きく異なるのは仕方がないことかなーとは思うのですが、これほどまでに真逆の結果が示されると、正直困惑してしまいます。

また、豚肉・羊肉・タラ・ナマズなど普段から一切与えていない項目の数値まで変わってくると、もう何とも言えません。恐るべしアレルギーテスト。こうやって私のような知識のない飼い主は、出口のない迷宮に迷い込むわけですね。そして治療費ばかりが……

まとめ

今回は被毛検査と血液検査の結果を比較しましたが、結局、どちらが正しいというわけではありません。獣医さんも困っていたくらいです。

しかし、アレルギーテストが治療方針を決めるための参考情報になることは間違いないし、私の愛犬の場合は「牛肉」と「牛乳」だけはどちらも陽性であることがわかりました。

わかったことはたったこれだけですが、ドッグフードやおやつの観点で見れば「牛肉NG」が確定したことは大きな戦果です。いままでも牛肉は与えていませんでしたが、今後も継続しようと指針が決まりました。

検査費用は高いですが、アレルギーテストを通して少しだけ愛犬のことを知ることができます。何か困ったことがあり、獣医さんからアレルギーテストを薦められるようなことがあれば、試してみる良いと思います。

※もしかすると1~2ヶ月後に改めてアレルギーテスト(血液検査)を受けるかもしれません。もし検査をしたときは、その結果も報告しますね。

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す