【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

あなたはどっち?「犬に野菜はいらない」問題に一言!

先日、いま話題になっている「薬いらずで愛犬の病気は治る(著・宿南章)」を読みました。初心者向けのライトな内容なので「愛犬の健康に関心はあるけど、医学的な難しい話はちょっと……」という方にピッタリです。

健康に関するヒントがいくつも紹介されていますが、なかでも話題になっているのが「犬に野菜はいらない」という項目です。手作りフードでは野菜を入れるのが当たり前だし、優良なドッグフードでも野菜が入っています。

果たして本当に「犬に野菜はいらない」のでしょうか。


tmp00012

犬に野菜がいらない理由をまとめてみると……

まずは書籍内に書かれている「野菜がいらない」理由をおさらいします(引用ではなく、ざっくりと要約します)。

・野菜は自己防衛のための毒(アルカロイド)を持っている。
人間は体内で解毒できるが犬はできない。

・ほうれん草やキャベツには多くのシュウ酸が含まれている。
これはシュウ酸カルシウム結石の原因となる。
また、野菜すべてが多かれ少なかれシュウ酸を含んでいる。

・野菜を食べると尿のPH値がアルカリ性になる。

・トッピング食も危険。フードと野菜の相性が悪い場合に、毒素を生み出す可能性がある。

これらの理由から著者は「野菜はいらない」と結論づけています。また、本を読むだけではわかりませんでしたが、ブログを拝見すると「野菜を完全否定するつもりはないが、野菜の危険性は未知数なので、わざわざリスクを取る必要はない。そもそも栄養バランスはドッグフードで保たれている」と主張されています。

まとめると「犬の健康に役立つ野菜もあるかもしれないが、じつは研究が進んでいない。人間の健康に良いから犬にも与えているだけなのが現状。それは短絡的すぎる。人間と犬では仕組みが全然違う。なんとなく”健康に良いイメージ”だけで野菜を与えるのは間違っている」という指摘です(だと感じました)。

とは言え、野菜にもメリットがあります!

それでは野菜にメリットはないのでしょうか。

もちろんあります、一番のメリットは食物繊維を摂れる点です。食物繊維は胃腸の蠕動運動を促進して便通を改善したり、腸内フローラのバランスを改善したりする効果が期待できます。また、食物繊維は腹持ちがいいので、少量でも空腹を感じにくいメリットもあります。

胃腸の状態が良好であることは、犬にとっても、(排便を処理する)飼い主にとっても嬉しいポイントです。さらには、(人間の場合ですが)最近の研究で腸内環境を整えると免疫力が向上することがわかっています。

犬にも同様の効果が期待できるかはわかりませんが、便通がよくなって身体に悪いことはないだろうと予測はできます。

野菜を与えないが安牌。あとは状況に合わせて!

これらのメリット・デメリットを考慮したうえで、私なりの結論をつけるなら「野菜はいらない」に賛成です。理由は著者が言う通り、ドッグフードだけで栄養バランスが取れているし、わざわざリスクを取る必要がないからです。一言で言えば「触らぬ神に祟りなし」という消極的な理由です。

しかし、愛犬の排便が悪いときに少量の野菜を与えると改善することは体験済みだし、お散歩中に雑草を食べることが減るのも経験済みです。少なくともわが家の愛犬にとって「野菜は完全な毒ではない」と感じます。よって基本的に「野菜はいらない」に賛成ですが、便の調子が悪いときは整腸剤として与えようと思います。

また、食事の食いつきが悪いときや、何か良いことがあった日にもスペシャルご飯として、野菜をトッピングするつもりです。ただ、その際には以下の注意点を守るようにします。

・シュウ酸予防のため、野菜は茹でて与える。
(シュウ酸は茹でると大部分が流出します。茹で汁は与えないように注意。
ただし、茹でた野菜は消化不良の元になるので良くないという説もあります)

・シュウ酸予防のため、緑の濃い野菜は控える。
(一般的に緑の濃い野菜にはシュウ酸が多く含まれると言われます。
イメージとしては青臭く”あく”が強い野菜はシュウ酸が多いと判断できるようです)

・トッピングは栄養バランスに影響しないようフード量の10%までにする。
(私の場合、カナガンを1食42g与えているので野菜は4gまでにする)

本当に野菜が悪いのかはわかりません。逆に、良いかどうかもわかりません。そもそもの問題は、犬の健康について研究が進んでいないことです。今回取り上げた「野菜はいらない」問題などが白熱して、よりドッグフード業界が活性化し、進化することを望みます。

あなたは「野菜はいらない」問題についてどう考えますか。

 

※補足
人間にもお酒に強い人もいれば弱い人もいます。両者の間にはビックリするほど差があるはずです。犬の野菜問題も同様です。全然平気な犬から、すぐに身体に影響がでる犬もいます。いままで野菜を与えてきて問題がないのであれば、継続しても問題はないと思います。宿南氏も犬には人間以上の個体差があると言っていますので。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す