【ドッグフード評判】コスパ抜群!ナチュラルバランスの評価は?

ナチュラルバランス
気になるドッグフードを徹底的に調べる
『ドッグフード評判調査室』にようこそ!

ここでは、口コミ評判だけでなく
原材料・成分・公式情報などを参考にして
総合的に商品を評価していきます。

今回のターゲットはこちら。

アメリカ原産のドッグフードブランド
ナチュラルバランスから
『オリジナルウルトラホールボディヘルス』を分析します。

果たして、健康的で安全安心な
おすすめドッグフードなのでしょうか?

【基本情報】ナチュラルバランスの価格・コスパ・原産国など!

参考価格(税抜) 1,429円
内容量 1,000g
コスパ 約131円/日(1日あたり92g換算)
原産国 アメリカ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。

【ドッグフード評価】ナチュラルバランスのおすすめ度を発表!

それでは早速、調査結果を報告します。


★4つ星ドッグフード★

管理人の愛犬ダン君から一言どうぞ!

穀物比率が高そうだけど…
玄米やオート麦などの穀物が
たくさん含まれているけど
コーン・大豆・小麦はないし
素材の品質レベルは確かだワン!

その他にも気になる原材料が
あるにはあるけど
市販のドッグフードと変わらない
コスパを考えれば評価できるワン!

ギリギリおまけで
4つ星ドッグフード認定だワン!

ヒューマングレイドの安心感がこの価格で!

アメリカの信頼できる犬雑誌「WDJ」で
安全で安心なドッグフードとして
毎年常連のナチュラルバランス。

原材料すべてがヒューマングレイドなので
素材の品質と安全性が高い商品です。

穀物が多めの印象を受けますが
トウモロコシ・大豆・小麦は含まれないし
イヌの健康に重要なポジションとなる
お肉や脂肪のバランスがいいです。

それに加えて、
我が家の愛犬(Mダックス6Kg)換算で
1日あたりたったの131円というコスパも
非常に魅力的なポイントです。

原材料はやや力不足?でもやっぱりコスパは魅力的!

ただし、自然風味と塩が含まれるなど
やや古くさいイメージも拭えません。

コスパを考えると大健闘の商品ですが
原材料のラインナップが素晴らしい
とは、言い切れない一面もあります。

とは言っても、
市販のドッグフードと大差ないコスパで
この品質にして、この安全性と考えれば
充分に評価できるドッグフードだと言えます。

穀物が多めであっても問題ないよ!
というワンちゃんであれば
トライしてみる価値はあると思います。

やっぱりコスパが魅力的!
ボクはもっと肉感たっぷりで
穀物が少なめの
ドッグフードが好きだワン。

でも、コスパに優れるから
ローテーションの
一環にするなら妥協するワン!

【製品情報】ナチュラルバランスの原材料と保証成分一覧!

それではここからは
商品の詳細を解説していきますね。

まずは、原材料をチェックしましょう。

危険性がある素材や望ましくないと
考えられる素材は赤文字で表記しますので
赤が多ければ「ヤバいかも!」と
考えてもらえば結構です!

なお、ビタミン・ミネラル類は
賛否両論がありすぎて
判断できないため評価対象外とします。

鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪(天然混合トコフェロールで酸化防止)、乾燥ニンジン、ダックミール、サーモンミール、豆ファイバー、オートファイバー、自然風味、トマト、亜麻仁、ブリュワーズドライイースト、ニシン油、、塩化カリウム、DL-メチオニン、塩化コリン、第二リン酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、亜セレン酸ナトリウム、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、Lアスコルビン2ポリフォスフェイト(ビタミンC)、L-トリプトファン、ビタミンE、ナイアシン、Dカルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、リボフラビン、一硝酸チアミン、ビオチン、ビタミンB12、ピリドキシン塩酸塩、ビタミンD3、葉酸(ビタミンB)、天然混合トコフェロール、クエン酸、タウリン、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、L-リジン、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス

続いて、保証成分をチェックしましょう。

成 分 保有率 基準値
粗タンパク質 23.0%以上 18.0%以上
粗脂質 13.0%以上 5.0%以上
粗繊維 3.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下
カロリー(100g中) 361kcal

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネット上などの情報より暫定的に決定。あくまで参考までにどうぞ。
※保証成分(保証分析値)の考え方についてはコチラの記事を参考にどうぞ。

【危険or安全】ナチュラルバランスの良いとこ悪いとこ徹底解説

それではここからは
原材料の中でも気になった素材などを
詳しく解説していきます。

ナチュラルバランスの
おすすめできるポイントや
注意すべきポイントを解説するので
「愛犬に与えても大丈夫なのか?」
を、判断する材料にしてください。

お肉は3種類バランスよく配合!アレルギー対策にも期待!

犬にとって一番大切な
栄養素である動物性タンパク質。

本製品では、鶏・ダッグ・サーモンの
3種類から摂取できます。

複数のお肉を混ぜることは
嗜好性を強くするだけでなく
アレルギー対策にもなるので
アレルギーが心配な飼い主には
嬉しいポイントだと言えそうです。

なお、ダック・サーモンは
「ミール」として配合されていますが
いずれも食肉用の安全なお肉を使用。

もちろん、副産物は含まれていません。

通常は「ミール」の表記を見たら
安全かどうか疑うべきですが
ナチュラルバランスは
問題ない安心できる「ミール」です。

穀物と野菜の含有比率が高め!じつはお肉が少なめか?

お肉のバランスはいいですが
穀物と野菜の比率も高めの設計です。

玄米・オート麦・ポテト
ブリュワーズライス・乾燥ニンジンの
含有比率が高そうですね。

そう考えると、お肉の含有比率は
そんなに高くないかもしれませんので
チキンと穀物がメインのドッグフード
と認識しておくべきですね。

玄米・オート麦など
バランスも素材も悪くありませんが
もし愛犬が穀物嫌いであれば
充分に注意が必要となります。

亜麻仁&ニシン油で健康最前線のラインナップ!

動物性タンパク質の次に
大切な栄養素となる脂質。

本製品では、鶏脂肪・亜麻仁
ニシン油が使用されています。

お肉・植物・お魚と3つのタイプの
脂質が含まているので
理想的なラインナップと言えます。

特に最近は、亜麻仁と魚油が
健康にいいオイルとして
注目されているので
本製品のバランスは最高ですね。

やや危険?なければ良かった原材料とは?

本製品の原材料は
すべて人間が食べられるレベルの
素材を使用しているので
特に注意が必要なものはありません。

しかし、自然風味と塩は少し微妙。

いずれも食いつき促進のために
含まれていると予想しますが
良質なお肉とオイルを使用していれば
本来不要な原材料でもあります。

いずれも微量であれば
健康に悪いわけではないですが
低品質なドッグフードが
素材の悪さを隠すために用いるケースも
多いので、やや印象は悪いですね。

ナチュラルバランスその他のラインナップをかんたん評価!

さて、オリジナルウルトラ
ホールボディヘルスの分析が済んだので
残りのラインナップにも
軽く触れておきましょう。

各商品の細かな分析はしませんが
特徴や違いに焦点をあてて
サラリと紹介していきますね!

対象となるのは、
以下のウルトラプレミアムシリーズです。

・ポテト&ダック
・リデュースカロリー
・スウィートポテト&ベニソン
・スウィートポテト&フィッシュ

それでは順番に解説していきます。

ウルトラプレミアムポテト&ダックの特徴や評判は?

ウルトラプレミアムポテト&ダックは
穀物不使用のグレインフリータイプ。

ただし、原材料の第一位がポテトなので
一般的にイメージするお肉感たっぷりの
グレインフリーとは少々異なります。

グレインフリーと考えれば
ちょっと物足りないようにも感じますが
メインの原材料がポテトとダックなので
アレルギー対策には優秀な一品。

普段使いには、やや魅力に欠けますが
ローテーションの一環に加えるなら
充分、検討する価値があると思いますね。

ウルトラプレミアムリデュースカロリーの特徴や評判は?

ウルトラプレミアムリデュースカロリーは
その名の通り低脂肪なダイエットフード。

今回分析した『ホールボディヘルス』とは
原材料的には大差ありませんが
カロリーがグッと低く設計されています。

そのカロリーは、306kcal/100g。

ダイエットフードと呼ぶにふさわしい
カロリー具合なので、シニア犬や
体重コントロールが必要なワンちゃんには
いいと思います。

穀物が豊富である分
給餌量はやや多めに設定されているので
運動不足なのにたくさん食べたいという
愛くるしいワンちゃんに向いてます(笑)

ウルトラプレミアムスウィートポテト&ベニソンの特徴や評判は?

スウィートポテト&ベニソンは
穀物不使用のグレインフリータイプ。

ただし、こちらも原材料の第一位が
スウィートポテトなので
グレインフリーとしては弱い印象です。

実際、粗タンパク質も20.0%なので
確かにグレインフリーではあるけど……
と、言った物足りなさを感じます。

でも、
カロリーが323kcal/100gと低めなので
アレルギー対策をしながら
減量したいときには検討できるかな。

最近は、イヌと鹿肉は相性がいいと
鹿肉の評判があがってきていますし。

ウルトラプレミアムスウィートポテト&フィッシュの特徴や評判は?

スウィートポテト&フィッシュも
穀物不使用のグレインフリータイプ。

そして、やはり原材料の第一位が
スウィートポテトなので
グレインフリーとしては弱い印象です。

スウィートポテト&ベニソンと同様に
カロリーが低めの設計なので
アレルギー対策をしながら
減量したいときには検討できますね。

お肉全般が苦手なワンちゃんには
ありがたいフードになりそうです。

【ドッグフード口コミ評判】ブラックウッド経験者のリアルな声!

・我が家のこつぶちゃん達には合っているようです。白わんこちゃんは涙やけが出てないし?。黒わんこちゃんはツヤツヤな毛色を維持出来てるし。茶色いわんこちゃんも目やにがほぼなくなったし。以前はオーガニックフォーミュラとウルトラプレミアムでローテを組んでましたが、今はホールボディヘルスのみ☆食いつきもバツグンだから嬉しい限りです♪♪

・いろんな試供品をペットショップでもらい試してみたところ、愛犬が食いついたフードの中で経済的にも良かったのがこれ。もはやこれより安いのは買えません。このフードは美味しそうな匂いがする。

【結論】ナチュラルバランスはおすすめできるドッグフードなのか?

ナチュラルバランスで注意すべき点は
穀物の含有比率が高いことです。

しかし、
トウモロコシ・大豆・小麦などの
好ましくない穀物は使用していないし
素材もすべてヒューマングレイドと
申し分ない品質レベルを誇ります。

また、コスパが優れるのも
飼い主には嬉しいポイントですね。

ギリギリ4つ星ドッグフード認定
と言った感じではありますが
市販の商品を購入するくらいなら
絶対にこちらがおすすめです。

なお、穀物不使用のグレインフリーから
切り替える際は、愛犬の体調変化を
よく観察するように注意してくださいね。

【おまけ】ナチュラルバランスのCM(米国)

 

女性とイヌが見つめ合う姿

2件のコメント

  • かずりん

    いつも参考にさせて頂いてます 。

    もしよろしければ、パーフェクションを評価して頂けたらと願います。
    いろいろサイトとかを探してはいるのですが、余り参考になる記事がありません。
    お店でサンプルを頂いたのですが、今までになくとても食い付きがいいので、変更しようかなやんでます。
    今までは、オリジンからナチュラルドッグフード、今はアカナを食べてます。

    • 団長

      コメントありがとうございます。

      パーフェクションですね。実際に記事にできるかはお約束できま
      せんが、鋭意努力します(笑)何だかんだ、アカナも良いフード
      ですよね~。

コメントを残す