【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

【評判】アランズナチュラルドッグフードはアレルギー涙やけ改善への近道?

おすすめしていた『NDFナチュラルドッグフード』の仕様が変更となり、商品名が『アランズナチュラルドッグフード』へとリニューアルしました。原材料・保証成分もガラリと変化しているので改めて分析します。果たして、変わらずおすすめできるドッグフードなのでしょうか? 口コミ評判だけでなく原材料・成分・公式情報を参考にして評価したいと思います。

tmp00003

商品名 アランズナチュラルドッグフード
メーカー・輸入元 株式会社レティシアン
種類 総合栄養食/ドライフード/成犬用
参考価格(税抜) 3,960円
内容量 2,000g
コスパ 約188円/日(1日あたり95g換算)
原産国 イギリス

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
単品購入時の価格で計算していますので、定期購入ならコスパはもっと良くなります。

【製品情報】原材料と保証成分一覧

まずは原材料と保証成分をチェックしましょう。原材料の中で「危険性がある物」および「望ましくないと考えられる物」は赤色で表記します(賛否両論ある物も赤色で表記します)。

難しいことがわからなくても、赤色が多ければ「ヤバいかも!」と考えてください。なお、ビタミン・ミネラル類は、賛否両論がありすぎて、私の知識では判断しようがないため評価対象外とします。

生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油

保証成分はこちら。

成 分 保有率 基準値
粗タンパク質 20.0%以上 18.0%以上
粗脂質 12.5%以上 5.0%以上
粗繊維 6.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 7.0%以下 8.0%以下
水 分 8.0%以下 10.0%以下
カロリー(100g中) 339kcal

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネット上などの情報より暫定的に決定。あくまで参考までにどうぞ。
※保証成分(保証分析値)の考え方についてはコチラの記事を参考にどうぞ。

【評価】やはり、このドッグフードは本物です!

旧製品と変わりなく安全度は抜群! 本物の100%無添加ドッグフードと言える代物です(世の中は偽物だらけです)。前述した原材料が全成分ですからね。たった11種類の素材だけで作られた驚きのフードです。

原材料はオール天然成分で飼育や栽培環境はもちろん、製造工程のすべてにおいて高い品質をキープしています。こだわりが詰まったスペシャルフードだと思います。安全で安心できるドッグフードを探している方におすすめしたい、お手本のような製品です。

また、ラム肉をはじめ原材料はアレルギーになりにくい素材ばかりなので、アレルギーでお困りのワンちゃんにも良い影響が期待できます。涙やけ・軟便・かゆみなどにお困りなら改善が見込めるかもしれません。

他にも、昨今のグレインフリーブームが合わないワンちゃんにもおすすめできます。「穀物がダメなんじゃなくて低品質な穀物が悪いんだよ!」というスタイルのフードですからね。イギリス本国ではラム肉以外のラインナップも販売していますが、いずれも穀物が入っています。この辺もこだわりを感じますね。

しかも、今回のリニューアルで給餌量が変化したのかコスパも向上しています。ドラッグストアや動物病院で見かけるロイヤルカナン並のお値段です。とてもお手頃になりました。

では、結論です。ワンちゃんとの相性が合うか合わないかは別の問題になりますが『アランズナチュラルドッグフード』は抜群に安全で安心できるドッグフードだと思います。もちろん栄養バランスや消化吸収率もGood。多少高くても良いなら、ぜひ試して頂きたいフードです。

それでは、以下より原材料などを細かくチェックしていきます!

粗タンパク質が大幅に減少!?

主原料は生ラム肉を採用。ここが旧製品と異なるポイントです。以前は乾燥ラム肉だったのが生ラム肉になり、粗タンパク質が31.3%から20.0%へと大幅に変化しています。これまでは高タンパク質でしたが、今は平均的な数値と言えます。どちらがいいのか一概には言えませんが、涙やけ・肝臓や腎臓が弱いワンちゃんには良い変更なのかもしれません。

また、昨今のグレインフリーブームの影響で、高タンパク質な優良ドッグフードは急増しましたが、平均的なタンパク質のフードは昔のまま微妙なのが多いです。つまり、このラインで優秀なドッグフードは貴重なのです。「そもそも運動量が少ない室内犬が多い日本で、高タンパク質ってどうなのよ?」という説もあるのでグレインフリーがダメならアランズナチュラルドッグフードを試してみるのも良いでしょう。

※室内犬だから高タンパク質がダメという話でもありません。吸収率の高い良質な動物性タンパク質を多く摂取するのが健康への近道です。これは派閥争いを繰り広げるドッグフード派でも手作りフード派でも同じ意見です。ただし「グレインフリーはやりすぎではないか?」とか「グレインフリーを継続したら肝臓や腎臓をダメにするぞ!」って意見も多数あるわけです。

穀物はお値段相応の高級なラインナップ

穀物類は、玄米や全粒オーツ麦、全粒大麦とアレルギーになりにくい素材だけを使用しています。高級ドッグフードらしくレベルの高いラインナップですね。アンチ穀物派の方でも、これなら試してみたくなるのでは? なお、粗繊維が6.0%とやや高めなので、ウンチはどっさり出るかも。

脂質や酸化防止剤も意識が高い

脂質は亜麻仁・ラム精製油で、酸化防止剤は天然ハーブミックスと、かなり意識の高いラインナップ。これで犬のカラダに悪いわけがないですね。こだわりが半端じゃないです。その分、自宅での保管を適当にすると、簡単に酸化&劣化すると思います。密閉容器に乾燥剤を入れてガッチリ保管しましょう!

アランズナチュラルドッグフードの口コミ評判

食の細かったいくらですがナチュラルドッグフードはぺろっと食べてくれます。ご飯の時間を楽しみにしてくれていて私もすごくうれしいです。ナチュラルドッグフードと出会えてよかったです!

ずっと涙焼けに悩んでいました。プードルだからしょうがない…と思っていましたがご飯でこんなにも変わるなんて!と驚きです。

まだ赤ちゃんワンコのときに我が家にやってきた彼女も、あっという間に7歳に。これからますます健康を気遣ってあげたくて、獣医さんに勧められたナチュラルドッグフードを使い始めました。やっぱり女の子なので、いつまでもツヤツヤの毛並みをキープしてあげたいと思います!

まとめ

旧製品を分析したときにも思いましたが、うちの愛犬がラム肉アレルギーじゃなければ試してみたかったドッグフードNO1です。本当にスゴいこだわりのフードだと思います。

低アレルギーだしタンパク質も多すぎないので「涙やけ」で困っているワンちゃんには特におすすめできそうです。口コミ評判でも「涙やけが軽減した」という情報が多い印象を受けました。

とは言え、せっかくの優良フードも相性の合う合わないは別問題。私のもとにも「試したけど合わなかったよ……」というメールがいくつか届いています。過剰な期待も良くはありませんね(笑)

ともあれ、興味があれば公式サイトをチェックしてみてください。製品云々だけでなく、犬を飼うものとして勉強になる知識が詰まってますよ! 時間を割いてでも見る価値ありです。

 

⇒アランズ ナチュラルドッグフード公式サイトはコチラ!

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す