【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

【評判】新しいファインペッツドッグフードが鹿肉処方で覚醒したぞ!

こんにちは! 過去に分析したことがある『FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード』がリニューアルしました。主原料が変更となる大型リニューアルです。旧製品は素晴らしいドッグフードでしたが、変わらず良質なドッグフードなのでしょうか? 口コミ評判だけでなく原材料・保証成分値・公式情報を参考にして評価したいと思います。

tmp00006

商品名 ファインペッツドッグフード
メーカー・輸入元 株式会社エヴリワンズ
種類 総合栄養食/ドライフード/オールステージ
参考価格(税抜) 2,095円
内容量 1,000g
コスパ 約138円/日(1日あたり66g換算)
原産国 オランダ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
※内容量の多いパックを購入した場合はコスパが良くなる可能性あり。

【製品情報】原材料と保証成分一覧

まずは原材料と保証成分をチェックしましょう。原材料の中で「危険性がある物」および「望ましくないと考えられる物」は赤色で表記します(賛否両論ある物も赤色で表記します)。

難しいことがわからなくても、赤色が多ければ「ヤバいかも!」と考えてください。なお、ビタミン・ミネラル類は、賛否両論がありすぎて、私の知識では判断しようがないため評価対象外とします。

鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、昆布、パセリ、ローズマリー、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、ユッカシジゲラ抽出物、コンドロイチン0.01%、ローズマリー、セイヨウイラクサ

保証成分はこちら。

成 分 保有率 基準値
粗タンパク質 27.1%以上 18.0%以上
粗脂質 16.0%以上 5.0%以上
粗繊維 4.5%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.2%以下 8.0%以下
水 分 8.0%以下 10.0%以下
カロリー(100g中) 440kcal

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネット上などの情報より暫定的に決定。あくまで参考までにどうぞ。
※保証成分(保証分析値)の考え方についてはコチラの記事を参考にどうぞ。

【評価】鹿肉・安全・安価でオンリーワンのドッグフードに!

ファインペッツは、我々が食べても問題がない安全性の高い素材だけで作られたヒューマングレイドのドッグフードです。原材料をチェックすると見慣れない素材も多いですが、いずれも天然由来の添加物なので問題はありません。

……と、ここまではよくある話ですが、ファインペッツ最大の特徴は「鹿肉(ヴェニソン)」を使用していることです! 鹿肉は高タンパク質・低脂肪でお肉の中でも理想的な存在。さらに、オオカミの大好物であることから、ワンちゃんとの相性も良い素材として注目を浴びています。

ですが、鹿肉のドッグフードってあまり見かけませんよね? その理由はコストが高いから。原価が高ければ販売価格も高くなります。実際に、鹿肉を使用したドッグフードは驚くほど高価なものばかり……。

しかし、ファインペッツは鹿肉メインなのに驚くほど安い! 私の愛犬であるMダックス(6Kg)で試算すると1日あたりの費用はたったの138円。これはドラッグストアや量販店で販売しているドッグフードと同じレベルの価格です。チキンや穀物を配合しているとは言え、鹿肉メインでこのコスパはあり得ません!

アレルギー対策にも期待ができるし、代謝が落ちたシニア犬・老犬にもいいかもしれない。「鹿肉・安全・安価」と三拍子が揃ったドッグフードです。しかも、初めての方限定でお試しキャンペーンも実施中(旧製品ユーザーでもリニューアル品が初めてならキャンペーン対象)!

いつもチキンかラム肉であれば、たまには鹿肉を与えてみるのも良いと思います。私もローテーションの一貫として購入してみたいと考えています。いくつか気になる点もある製品ではありますが、今回のリニューアルは大成功ですね! 鹿肉はほんとうに嬉しい!

シニア犬や胃腸の弱いワンちゃんにも

鹿肉が一番多く含まれる珍しいドッグフードです。鹿肉はチキン同様に高タンパク質・低脂肪で健康的なお肉。たくさんタンパク質は必要だけどカロリーは押さえたいシニア犬(老犬)にピッタリな素材だと考えます。胃腸に優しいフラクトオリゴ糖やプロバイオティクスも含まれているので、消化吸収能力が落ちているワンちゃんにも良さそうですね。

ローテーションに加えやすい

食物アレルギーは花粉症のように突然発症します。アレルゲンが体内で蓄積されて許容量を超えると爆発するように発症するメカニズムです。そのため食物アレルギーを予防するには、定期的に原材料の異なるフードをローテーションするのが良いと言われます。

鹿肉はまだ流通量が少ないので「チキン ⇒ ラム肉 ⇒ 鹿肉 ⇒ チキン ⇒……」という風にローテーションしやすい素材です。アレルギーに悩むなら鹿肉を与えてみるのもいいですね。ただし、産まれたときから鹿肉アレルギーというケースも考えられるので、初めて与えるときは注意しましょう!

飼育や栽培環境まではわからない

原材料はいずれも安全性の高いものを使用していますが、それぞれの飼育環境や栽培環境までは言及されていません。100%の安全を証明するためにも、この辺の情報開示をお願いしたい所です。

【注意】カロリーが高い

鹿肉は高タンパク質・低脂肪ですが、このドッグフードそのものは高カロリーです。高いカロリーが必要な子犬(パピー)にも対応しているので、このような設定にしてあるものと思います。

素材は良くても高カロリーなので給餌量を間違えるとブクブク太ります。シニア犬が太ったら洒落にならないので、給餌量は必ず守り、様子を見ながら増減させましょう。

公式サイトの情報が曖昧

製品リニューアルだけでなく、公式サイトもリニューアルされています。しかし、サイト内の製品説明で旧商品の情報が混じっている箇所があります。何が正しいのかわからなくなるので、修正および改善をお願いしたいです。でも、以前の公式サイトと比較すると雲泥の差で見やすくなったのは嬉しいです。

ファインペッツドッグフードの口コミ評判

フードが良いせいか、愛犬がもうすぐ16歳になります(ラブラドール)。今後も高い品質の製品を期待しています。

初めまして、貴社様のお試しフードを食べさせたところ、1キロ食べ終わる頃にはアレルギーも弱まり、フケもなくなりつつあるのでビックリしております。早速、定期便でお願いしました。今まで食べさせていたドッグフードはネットランキングでDランクだったそうです。飼い主はしっかり見極めないといけないと痛感しました。

食べだして、3か月過ぎました。悩みだったフレブルのお腹の調子も良くなって、まだまだですが、やっと体重も増加してきました。食いつきもイイです。今後もよろしくお願いします。

まとめ

旧製品の頃から安全性の高いドッグフードではありましたが、今回のリニューアルで大満足の製品へと変化しました。いまはチキン・ラム肉・グレインフリーが主流なので、ほんとうに鹿肉ドッグフードは貴重です。しかも、安全で価格も安いとなれば試さない手はありません。オンリーワンな製品です!

アレルギーが気になるワンちゃん・胃腸が弱いワンちゃん・シニア犬(老犬)には特におすすめできそうですね。ただし、一般的なフードに比べてかなり高カロリーなドッグフードでもあります。愛犬の様子を見ながら給餌量をコントロールする意識が必要です。

逆に言えば「給餌量のコントロールが面倒だな~」と感じるなら、手を出さない方がいいかもしれません。ワンちゃんがシニア犬であれば尚更です。

なお、お試し価格は1Kg540円(税込)と破格なのですが……送料別なのでご注意を! 地域によりますが送料は500円~1,200円とお高いです。送料無料にして欲しいです(笑)
⇒『FINEPET’S(ファインペッツ)』公式サイトお試し価格はコチラから!

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

1件のコメント

  • トモヤ

    さっそく評価いただきありがとうございました!いつも参考になります。

コメントを残す