【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

【評判】プロステージドッグフードは不明瞭な原材料が目立つ?

こんにちは! 今回は『プロステージ(ポークアンドライス アダルト)』を分析します。果たして、安全で安心でおすすめできるドッグフードなのでしょうか? 口コミ評判だけでなく原材料・保証成分値・公式情報を参考にして評価したいと思います。

tmp00007

商品名 プロステージ ポークアンドライス
メーカー・輸入元 イースター株式会社
種類 総合栄養食/ドライフード/成犬用
参考価格(税抜) 3,100円(Amazon参考価格)
内容量 2,400g
コスパ 約187円/日(1日あたり145g換算)
原産国 日本

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
※コスパは参考価格で算出。実売価格ならコスパが良くなる可能性あり。
※内容量の多いパックを購入した場合もコスパが良くなる可能性あり。

【製品情報】原材料と保証成分一覧

まずは原材料と保証成分をチェックしましょう。原材料の中で「危険性がある物」および「望ましくないと考えられる物」は赤色で表記します(賛否両論ある物も赤色で表記します)。

難しいことがわからなくても、赤色が多ければ「ヤバいかも!」と考えてください。なお、ビタミン・ミネラル類は、賛否両論がありすぎて、私の知識では判断しようがないため評価対象外とします。

ポークミール、米粉、米糠、ビートパルプ、タピオカ澱粉、動物性油脂、アルファルファミール、鰹粉末、鮪粉末、ビール酵母、植物性油脂、酵母エキス、精製魚油(DHA・EPA源)、アガリクス(β-グルカン源)、ケルプミール、チーズパウダー、オリゴ糖、植物抽出発酵エキス、ゼオライト、ウーロン茶抽出物、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(第二リン酸カルシウム、未焼成卵殻カルシウム、炭酸カルシウム、食塩、塩化カリウム、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、K、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、ニコチン酸、d-ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、香料

保証成分はこちら。

成 分 保有率 基準値
粗タンパク質 24.0%以上 18.0%以上
粗脂質 11.0%以上 5.0%以上
粗繊維 4.0%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 8.5%以下 8.0%以下
水 分 10.0%以下 10.0%以下
カロリー(100g中) 350kcal

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネットなどの情報より暫定的に決定。あくまで参考までにどうぞ。
※保証成分(保証分析値)の考え方についてはコチラの記事を参考にどうぞ。

【評価】犬への配慮は感じるが怪しいフードに見えます

豚肉をメインの原材料とした珍しいドッグフードです。チキンと比較すると脂肪分が多く太りやすいお肉ですが、フード全体のカロリーは平均的。プロステージを与えたからといってブクブクと太ってしまう心配は少なそうです。豚肉のデメリットを考慮してうまく設計されています。

しかしながら、原材料の安全性や品質に関しては疑問が残ります。一言で言えば「どんな素材を使用しているかわからない」ドッグフードです。実際は、こだわり抜いた素晴らしい素材ばかりを使っているかもしれませんが、原材料や公式サイトを見るかぎりは「怪しいフードに見えてしまうな~」という状況です。

では、どの辺が怪しいのか見ていきましょう。

ポークミールが怪しい理由

豚肉(ポークミール)をメインとしたドッグフードですが、「○○ミール」の表記には注意が必要です。なぜなら、本来は破棄するような部位を混ぜてミールにしている可能性があるからです。

過去にアメリカでは「病気で死んだ家畜のクズ肉・爪・歯・毛・血液・糞尿」など、本来食べるべきではない素材を混ぜ合わせて「ミール」を作っていたそうです。

さすがに現代で、ここまで悲惨なことはないと信じていますが「○○ミール」とは、その可能性も否定出来ないよ! って記載の仕方になります。

そのため優良なドッグフードでは、ミールを使用したときは消費者に不安を与えないように「ヒューマングレイド」・「副産物不使用」と記載して、安全であることを伝えています。プロステージには、このような表記が見当たりませんでした。

ミール以外の怪しいポイント

「○○ミール」と同様に、動物性油脂・植物性油脂の表記も問題です。両者ともに油ではあるのですが、何の油なのかわかりません。極端な話ですが、レストランで使用済みになった植物油を使用しても「植物性油脂」と表記できます。

そのため優良なドッグフードでは、鶏脂・サーモンオイル・亜麻仁油など、何の油なのかわかるように明記されています。

香料はいらない

香料は……人工添加物ですね。個人的に人工添加物がすべて悪いとは思いませんが、香料はいらないだろうと。せめて天然香料でお願いしたいところですね。科学的ではありませんが、やはり人工添加物は少ない方が安全そうですからね。

プロステージの口コミ評判

4歳のゴールデンで、食物アレルギーで、フードジプシーになっていたところこれを見つけて即購入、耳の中が、真っ赤に腫れて、お腹にも湿疹が出来てたのですが、次の日には、引いていました。外国の、何万円もするアレルギー対策フードは、捨ててしまいました。

今の子を買い始めてから、ずーっとお世話になっています。毛つやも良いですし、適度に固いために歯垢も溜らず助かっています
時々、種類に変化を持たせて飽きないようにしていたので、チキン&ライスが見かけなくなったのは残念です

まとめ

小麦・とうもろこし・大豆を使わずに、お米とタピオカを使用してアレルギー配慮している点。ビール酵母・アガリクス・オリゴ糖など健康効果を期待できる素材を豊富に配合している点。豚肉で差別化している点。800gずつ個包装になっている点など、良い部分もたくさんありますが、全体的にみると「怪しいドッグフード」になってしまいます。

怪しく見えるだけで本当は優秀なドッグフードかもしれないので、現在愛用中で相性が合っているなら、このまま継続されるといいと思います。ですが、わざわざプロステージに! という選択肢はないかな~と。価格もやや高めですしね。

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

2件のコメント

  • 柴犬2歳

    いつも楽しみに拝見しています。
    先日このフードを購入したら、原材料の表示が
    動物性油脂→牛脂、 
    植物性油脂→菜種・大豆油、 
    香料→香料(バターオイル)に変更されてました。
    まさかこのサイトを見て表示を変えたわけではないと思いますが、少しはマシになったのですかね?あいかわらずポーク「ミール」が主原料なのは残念ですが。。。

    • 団長

      コメントありがとうございます。

      原材料の表示に変更があったんですね。品質の良し悪しはわかりま
      せんが、原材料を少しでもはっきりさせるのは誠意ある行動だと思
      います。なお「ミール」自体が悪いわけではありませんので誤解の
      ないようにお願いします。品質の良いミールは消化吸収率を向上さ
      せたり、栄養が詰まってたりするので。ただ、変わらず品質の良し
      悪しがわからないのは残念ですね。

コメントを残す