【5ツ星】安全で安心できるドッグフードのお手本

カナガン チキン
現在愛用中のドッグフード。イギリス産の高級グレインフリー製品。安全面も栄養面も抜群なのにコスパが良すぎるのが魅力。市販の製品と変わらないコスパでこの安心感は他にはありません。
⇒評価した記事はコチラ
アランズナチュラルドッグフード
厳選された、たった11種類の原材料で作られたドッグフード。安全安心度は圧倒的なNo1。価格は少し高めですがそれだけの価値はあり。最高のドッグフードのひとつであることは間違いありません。
⇒評価した記事はコチラ

ドッグフード評判【ロイヤルカナン】酷評多いが安全かもと肯定してみる!

こんにちは! 今回はロイヤルカナンの『ブリードヘルス ニュートリション(ダックスフンド 中・高齢犬用』を分析します。果たして、安全で安心でおすすめできるドッグフードなのでしょうか? 口コミ評判だけでなく原材料・保証成分値・公式情報を参考にして評価したいと思います。

tmp00009

商品名 ブリードヘルス ニュートリション ダックスフンド
メーカー・輸入元 ロイヤルカナン
種類 総合栄養食/ドライフード/ダックスフンド 中・高齢犬用用
参考価格(税抜) 2,762円(Amazon参考価格)
内容量 1,500g
コスパ 約190円/日(1日あたり103.5g換算)
原産国 フランス、オーストリア、オーストラリア、カナダ

※コスパはミニチュアダックスフンド(6Kg)の1日分を想定。
※コスパは参考価格で算出。実売価格ならコスパが良くなる可能性あり。
※内容量の多いパックを購入した場合もコスパが良くなる可能性あり。

【製品情報】原材料と保証成分一覧

まずは原材料と保証成分をチェックしましょう。原材料の中で「危険性がある物」および「望ましくないと考えられる物」は赤色で表記します(賛否両論ある物も赤色で表記します)。

難しいことがわからなくても、赤色が多ければ「ヤバいかも!」と考えてください。なお、ビタミン・ミネラル類は、賛否両論がありすぎて、私の知識では判断しようがないため評価対象外とします。

米、家禽*ミート、とうもろこし粉植物性分離タンパク**動物性脂肪コーングルテン加水分解動物性タンパクビートパルプ植物性繊維魚油、乾燥トマト、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、ポリリン酸ナトリウム、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶抽出物(ポリフェノール源)、β-カロテン、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA没食子酸プロピル

保証成分はこちら。

成 分 保有率 基準値
粗タンパク質 26.0%以上 18.0%以上
粗脂質 12.0%以上 5.0%以上
粗繊維 3.2%以下 4.0%以下
粗灰分(ミネラル) 6.5%以下 8.0%以下
水 分 10.5%以下 10.0%以下
カロリー(100g中) 380kcal

※粗タンパク質と粗脂質の栄養基準はAAFCO(成犬維持)を参照。
※上記2点以外はネットなどの情報より暫定的に決定。あくまで参考までにどうぞ。
※保証成分(保証分析値)の考え方についてはコチラの記事を参考にどうぞ。

【評価】最先端テクノロジーの結晶!理系にはおすすめ(笑)

ドッグフードの中でもトップレベルの知名度を誇る『ロイヤルカナン』。動物病院やペットショップでもおなじみのアイテムですね。その実態は人工添加物を駆使したドッグフードなわけで、多くのドッグフード比較サイトや犬ブロガーに酷評されています(本当にどのサイトを見ても非難轟々です)。

例に漏れず私も過去の記事で酷評しているわけですが、あれから2年以上の勉強期間を設けて少し見方が変わりました。『ロイヤルカナン』は、ある意味もっとも安全が証明されているドッグフードかもしれない、と。

今回、対象としている『ブリードヘルスニュートリション・ダックスフンド(中高齢犬用)』も、もちろん人工添加物を使用しているし、消化に悪いと言われる穀物も使用しています。一見すると完全にアウトなフードです。

でも、実態はよく研究されたドッグフードでもあります。人口添加物は安全量を見極めて使われているし、穀物も消化吸収率が向上するように加工されていますしね。発展が遅いと言われるイヌ業界において、お金をかけて科学的研究を進めてくれる会社は貴重だとすら思えます。

もちろん、だからと言って個人的におすすめをするわけではありませんが、現状ロイヤルカナンで健康状態が良好であれば「いますぐ止めよう! これは悪の権化だ!」という気もなくなりました(笑)

他のサイトではボロクソ言われてますが(私もそう思ってましたが)、これもひとつの選択肢だと思います。あなたが科学を信頼できる理系派・理論派であれば選択肢に入れても良いのではないか、と思います。

消化吸収率を高めた穀物だからアレルギーの心配減少?

主原料は主に穀物です。米、とうもろこし粉、植物性分離タンパク、コーングルテンが並びますが、いずれも消化吸収率があがるように加工されているようです。例えば、とうもろし(コーン)はアレルギー素材の代表格ですが、タンパク質の消化吸収がうまくいくならアレルギー発生率も減少するはずです。

また、お肉至上主義である現在のドッグフード業界に対しても以下のようにコメントしています。

優れた原材料の条件としては、「肉かどうか」ということよりも、「必要な栄養素が十分に含まれているかどうか」のほうが重要です。

確かにお肉がメインのドッグフードであっても、人口添加物で大量飼育されたブロイラーよりも、消化吸収率が高い穀物の方が安全性が高い可能性もあります。

さすがに既にアレルギーが発症しているワンちゃんや陽性傾向にあるワンちゃんには酷だと思いますが、そうでなければ穀物だからと言って、それほど神経質に避ける必要もないのかもしれません。

人工添加物のオンパレードだけど……

前述した通り、ロイヤルカナンは人工添加物を多様しています。特に、ソルビン酸カリウム、BHA、没食子酸プロピルは愛犬家から嫌われまくっている原材料です。しかし、いずれも公式サイトでは以下のようにフォローされています。

ロイヤルカナン製品に使用しているソルビン酸カリウムの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。

ロイヤルカナン製品に使用しているBHAの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。

ロイヤルカナン製品に使用している没食子酸プロピルの量を一生食べ続けたとしても健康に影響を及ぼすことはありません。

いずれも毒性のあるものだし、発ガン性を認められているものもあります。ネット上でも国内外問わずにバッシングされています。しかし、一般人よりも科学的知識のある研究者や獣医は問題にしていません。それは安全量を見極めて使用しているからです。果たしてネットの情報が正しいのか、それとも現場の有識者が正しいのか……。

動物性脂肪はフォローなし?

動物性脂肪も響きが嫌な原材料です。何の動物の、どんな脂を使用しているか不明だからです。強力な酸化防止剤も使用しているので、もしかしたら劣悪な脂を使用しているのかも……という疑いが持たれます。これに関しては公式サイトでもノータッチ(製品全般としては安全性が高いものと書かれていますが)。ここはもっと情報公開をお願いしたいところですね。現時点ではかなり微妙なポイントです。同様の理由で、魚油や植物性○○、動物性○○も原材料を明確にして欲しいですね。

ロイヤルカナンの口コミ評判

ロイヤルナンカンが大好きで、食べるのが早いです。11歳のお婆ちゃんですがナンカンを食べる早さはヤングミスです。

7歳の中齢犬の食事として購入。
ちょっと繊細な子なのですが、食いつきも良く、吐いたり下痢したりしなかった(個体差があるとおもうけど)

まとめ

思いっきり文系な私にとっては、まだまだ不安要素が強いと感じてしまうロイヤルカナンですが、科学的なアプローチや世界的なシェア・販売実績を考えると、ボロクソに言うほどの製品でもないような気がします(最近、そんな気がしてきました)。

むしろ、昨今の天然・オーガニック・ナチュラルブームを牽制するうえでも重要なポジションのドッグフードだと感じます。大した原材料を使ってないのにナチュラルと謳うドッグフードが氾濫しているし、実際のところ、オーガニックだから健康に良いというものでもありませんしね。

あくまで「科学的危害リスクが少ない」からおすすめしやすいわけです。天然・オーガニック・ナチュラルでも消化吸収率がロイヤルカナン以下であれば、ロイヤルカナンの方が栄養面でも内臓への負担軽減面でも優れていることになりますからね。

無難を選ぶなら人工添加物を使用していないナチュラル系のドッグフードを。科学的なアプローチを理解、信頼できるならロイヤルカナンを。こんな感じでしょうか。おすすめはしませんが、酷評するほどの物でもないんじゃないかなと思います。

なので、ロイヤルカナンと愛犬の相性が良いなら無理にドッグフードを買い換える必要はありません。また、ロイヤルカナンを薦める獣医が悪いわけでもありません(笑)。科学的なエビデンスは、どのドッグフードよりも多いと思われますからね。

ただ、これだけ人工添加物を使用しているなら、もっと価格を下げて欲しいと思ったりもします。人工添加物の旨味はコスパにあると思うので。「人工添加物を多様」と「無添加」が同じくらいの価格だと、どうしても無添加に惹かれてしまいますからね。「詳しいことはわからないけど、わざわざリスクがある方を買いたくないな」という感じで。

……と、なんだかまとまりませんが無理やりまとめると、ロイヤルカナンは最先端の科学的アプローチで作られたドッグフードです。これだけ計算され尽くした製品は少ないはずです。そういった意味では、安全性の高いドッグフードと言えます。

科学的知識が乏しい私はいまいち魅力を感じませんが、全国の獣医が薦めている通りのドッグフードなんだと思います。ロイヤルカナンユーザーであれば、今後もお世話になってみてはどうでしょうか? もちろんロイヤルカナンに不満があるようなら、ぜひ本物のナチュラル系も試してみてください。

なお、ロイヤルカナンについては今後、改めて記事を作成しようと検討してます(めっちゃ勉強になるので)。ロイヤルカナンに関して肯定的な意見があれば是非コメント・メールをお願いします。次回の記事の参考にさせて頂きます(否定的なコメントはいりません。満腹になるほど見てきているので)!

PS
今回は「ダックスフンド用」だったわけですが……ダックスフンド要素があまりわかりませんでした(笑)

 

どのドッグフードが良いかわからないときは……画像をクリック!

コレ凄い!本当に購入したいと思った安全・安心ドッグフードを紹介!

コメントを残す